カードローンのデメリット

カードローンのデメリット

 

カードローンのデメリットを解説します

 

 

カードローンはとても便利で、生活の強い味方です。ただし使い方を誤ってしまうと、後々の返済が大変なことになってしまうリスクもあります。

 

 

本コンテンツでは、カードローンの誤った使い方や、事前に知っておくことで正しいカードローンの使い方を知ることが出来ます。

 

 

メリットだけでなく、デメリットも知って正しくカードローンを利用しましょう

カードローンのデメリット記事一覧

カードローンのデメリットは、お金が必要になったとき借入限度枠内であれば何度でも借入れ出来てしまうことでしょう。これはカードローン最大のメリットとも言えますが、逆にデメリットとも言えます。その理由は、計画的に利用・返済計画を持っていないと完済まで時間が掛かってしまうことが挙げられます。預貯金のように引き出せてしまうので、感覚が鈍ってしまい『借り入れ』という意識が薄れてしまうことに注意が必要です。カー...

多大な借入れ負担防止の為に、貸金業法においては、個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限される仕組があります。年収の3分の1までなので、例えば年収300万円であれば借入総額は100万円が限度となります。この総量規制の対象となるのは、貸金業者からの借入れが対象となります。クレジットカードで利用したキャッシング、消費者金融会社で利用したカードローンなど銀行以外からの借入れが対象です。・総量規制...

カードローンは、スピード審査で早ければその日のうちに融資を受けられたり、近くのATMで限度額の枠内でなら何度でも追加で融資を受けられるなどという多くのメリットがあります。一方で、このような便利なカードローンのメリットを賢く生かすためには、そのデメリットもしっかりと知っておく必要があるでしょう。カードローンの持つデメリットをしっかりと理解していくことで、有効に使うことができるからです。そこで、特にカ...

街中には『審査が甘い!』『必ず融資できる!』などといった誘い文句で違法な貸し付けをする悪質業者も存在します。今は総量規制により、消費者金融などの貸金業者からは年収の3分の1までの借入れと法律で決められています。しかし、3分の1までの借入れ限度一杯の融資を受けている人に対して、違法な貸し付けをする業者が増えています。しかも、出資法で定めれられた20%以上の違法な金利で貸し付けを行っています。当然、借...

カードローンは、近くのコンビニで利用ができてとても便利です。用途も自由で使い道を報告する必要もありません。しかし、ギャンブルに使うことだけは絶対に辞めましょう!カードローンは「預金」ではありません。自分のお金でもありません。銀行や消費者金融からの「借金」です。借りたら当然返さなくてはいけません。一度ギャンブルのために手を付けてしまうと、それからは雪だるま式に借金が増えていってしまいます。今まさにパ...

カードローンは手軽にいつでも使えることが最大のメリットです。しかし、計画的に利用しないと「手軽さ」は落とし穴にもなりかねません。利用枠さえあれば、いつでもどこでもコンビニATMから引き出すことが出来るため、カードローンを「預金口座」と勘違いしている方があまりにも多いです。上記のように使い方を誤ると、借りては返すといった、カードローンの自転車操業に陥ってしまうことが心配されます。自転車操業とは「毎月...

カードローンは手軽に申込みでき、いつでも自分の好きなときにコンビニATMでお金を借りることができます。これは大きなメリットですが、逆にデメリットとも言えます。「必要なときにだけ使う!」という強い気持ちを持たないと、どんどん利用残高が増えてしまいます。預金口座と錯覚し、必要以上に借入をしてあっという間に天井張り付きになってしまう・・・そんな状態になる前に3社目の申込みはしないのが良いかもしれません。...

カードローンの返済方法は数種類あります。各社によって返済方法に違いはありますが、主な返済方法は以下のとおりです。@専用ローンカードによるATMでの返済A口座引き落としB銀行振込カードローンを利用していることを家族や恋人にバレたくない方は多いと思いますが、返済方法を「口座引き落とし」にしている場合は注意が必要です。なぜかと言うと、通帳に引き落としの履歴が印字されてしまうからです。特に、通帳を家族や奥...

「最近カードローンを使うのに躊躇がない・・日常的に使い過ぎてるかも・・」このように、自分自身を客観的にみて感じる方は注意した方がよいでしょう。もしかしたらカードローン依存症かもしれません。カードローンは用途を選ばない上に、いつでもどこでもコンビニATMがあれば使うことが出来る便利なものです。しかし、逆に言うと、使い勝手が良すぎることで使い過ぎてしまうというデメリットもあります。しっかりと自分を律し...