カードローンプラス

<注意喚起!>
コロナウイルスに起因した経済不況からくる人々の不安を利用し、「すぐに稼げる」「誰でも楽に稼げる」などを巧みに謳い、カードローンやキャッシングを利用させて高額な詐欺情報商材を販売するケースが急増しています。すべての情報商材が詐欺ではもちろんありませんが、注意しましょう。

【PR】3分でわかる!SMBCモビットがオススメな11の理由。土日祝日も即日融資可能

カードローンのデメリット-デメリットを知って正しい使い方を-

カードローンのデメリット

 

本カテゴリーでは、カードローンのデメリットを解説します。

 

 

カードローンはとても便利で、私たちの生活の強い味方です。一方、使い方を誤ってしまうと、後々の返済が大変なことになってしまうリスク(デメリット)もあります。

 

 

カードローンの誤った使い方やリスク(デメリット)を事前に知っておくことで正しいカードローンの使い方を知ること、身に着けることができます。

 

 

メリットだけに目が行きがち、そして注目しがちですが、デメリットも知って正しくカードローンを利用しましょう。

 

 

本カテゴリでは、カードローンのデメリットを敢えて紹介、解説することでカードローンをより上手に利用してほしいことを目的にしています。特に、カードローン初心者の方は参考にしてみてください。

 

カードローン各社は申し込みをしてほしいので、ホームページ上ではメリットが強調されがちです。ホームページ上では掲載していないようなデメリットも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


提携企業一覧【公式サイト】

 

ジャパンネット銀行カードローン

 

ジャパンネット銀行

金利 年1.59%〜18.0%
最高限度額 1,000万円
オススメポイント 安心の銀行カードローン!さらにはじめてなら30日間利息0円!
ジャパンネット銀行カードローン

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット

金利 実質年率3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
オススメポイント スマホのみで申込みから借入まで完結!当サイト申込数1


 

プロミス

 

借入利率 実質年率4.5%〜17.8%
融資額 500万円まで
オススメポイント 即日融資も可能!借入までの速さは業界トップクラス!


 

レイクALSA

 

undefined
貸付利率 4.5%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円


 

アコム

 

融資額 1万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜18.0%
オススメポイント 審査回答は最短30分!無利息期間もあり


 

アイフル

 

アイフル

金利 3.0%〜18.0%
融資額 1万円〜800万円まで
ポイント はじめての方なら最大30日間利息0円!

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行

金利 1.7%〜17.8%
利用限度額 最高800万円
オススメポイント 業界最低水準の月々3,000円からの返済(※借入残高10万円以下の場合)


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

<参考>
金融庁ウェブサイト




カードローンのデメリット-デメリットを知って正しい使い方を-記事一覧

カードローンは、資金使途が原則自由、いつでもどこでも借入れができるなど多くのメリットがありますが、デメリットもあります。カードローンのデメリットは、お金が必要になったとき借入限度枠内であれば何度でも借入れ出来てしまうことでしょう。これはカードローン最大のメリットとも言えますが、使い方を誤れば逆にデメリットとも言えます。その理由は、計画的に利用・返済計画を持っていないと完済まで時間が掛かってしまうこ...

本記事では、「総量規制」について解説をします。カードローン、キャッシングに申込む際は必ず関わっている法律になりますのでしっかりと理解しておきましょう。総量規制とは?多大な借入れ負担防止の為に、貸金業法においては個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限される仕組があります。年収の3分の1までなので、例えば年収が300万円であれば、借入できる総額は100万円が限度となります。この総量規制の対象...

カードローンは手軽にいつでも使えることが最大のメリットです。しかし、計画的に利用しないと「手軽さ」は落とし穴にもなりかねません。利用枠さえあれば、いつでもどこでもコンビニATMから引き出すことが出来るため、カードローンを「預金口座」と勘違いしている方があまりにも多いです。カードローンは紛れもない借金です。上記のように預金口座だと勘違いして使い方を誤ると、借りては返すといった、カードローンの自転車操...

カードローンの返済方法は数種類あります。各社によって返済方法に違いはありますが、主な返済方法は以下のとおりです。自分のライフスタイルやカードローンの利用の仕方によって好きな返済方法を選択できる場合がほとんどです。@専用ローンカードによるATMでの返済A口座引き落としB銀行振込カードローンを利用していることを家族や恋人にバレたくない方は多いと思いますが、返済方法を「口座引き落とし」に設定している場合...

本記事では、カードローン、キャッシングの二重申込みについて解説をします。同時に2社へ申し込んだ場合、審査に不利になることはあるのでしょうか?カードローン、キャッシングの二重申し込みは避けた方がいい結論から言うと、一度にカードローン、キャッシングを二重で申し込みするのは避けた方がいいでしょう。中には、「審査に必ず通るという保証はないし、1社ずつ審査を受けるよりも同時に申込んだ方が効率よがよいのではな...