他社カードローンと比べたSMBCモビットのデメリットを検証!

2016年オリコン日本顧客満足度ランキング1(ノンバンクカードローン部門)に選ばれたことが多くの人が安心して利用していることを物語っています。

 

 

そんなSMBCモビットのデメリットを当サイト独自で敢えて検証してみました。他社カードローンと比較してどこに申込むか迷っている方は参考にしてください。

 

 

 

 

 

SMBCモビット

 

モビット

WEBのみで申込完結!今すぐ借りたい方はSMBCモビット!
実質年率 3.0〜18.0%
最高限度額 800万円
月々の返済額 4000円〜
即日融資 ○※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり。

 

 

SMBCモビットのデメリット@金利は高め

SMBCモビットの金利は3.0%〜18.0%です。下限金利は3.0%と他社と比べても同等の水準ですが、上限金利は高めです。

 

 

特に、銀行カードローンと比べると金利の高さが目立ってしまいます。低金利を重視して選ぶならSMBCモビットよりも銀行カードローンをおすすめします。

 

 

SMBCモビットのデメリットA無利息期間はない

プロミスやアイフルなどは一定の条件をクリアすると1ヵ月の無利息期間が付与されるサービスを展開しています。

 

 

SMBCモビットにはこの無利息期間がありません。少しでも利息を節約したいならプロミス、アイフルなどの無利息期間があるカードローンをチェックしましょう。

 

 

SMBCモビットのデメリットB返済手数料がかかる

SMBCモビットの返済方法は、提携ATMでの入金、指定銀行口座への振込、口座引き落としの3種類が用意されています。

 

 

いろいろな返済方法があるのは魅力ですが、このうち提携ATMと銀行口座への振込は手数料が掛かってしまいます

 

 

提携ATMで利用額1万円以下なら108円、1万円超なら216円の手数料が掛かります。銀行振込だと、金融機関毎の振込手数料です。小さい額かもしれませんが「塵も積もれば山になる」ですね。

 

 

口座引き落としなら手数料は掛かりませんが、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座しか対応していません。

 

 

以上、3点のSMBCモビットのデメリットを挙げてみました。どのカードローンにも長所と短所はあります

 

 

自分が何を重視しているのかによっておすすめのカードローンは変わるので、まずは各会社のホームページをチェックしてみましょう。

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る