ダイレクトワンは利用限度額の増額申請が可能!増額した人の口コミも紹介

ダイレクトワンの利用限度額増額

 

ダイレクトワンはスルガ銀行グループで静岡県に本社を置く消費者金融会社です。全国どこに住んでいてもスマホのみで申し込みができることから利用者も多い人気のカードローンです。

 

 

長年利用している方であれば、もっと利用限度額が高くならないか希望する人もいるでしょう。

 

 

実は、ダイレクトワンは利用限度額の増額申請が可能です。もう一度審査することになるので増額申請が必ず通るとは限りませんが、「申込み当時から年収が上がっている」、「利用実績が良い」などの条件が揃っていれば増額が叶うかもしれません。

 

 

もし増額申請が不安であれば、他社で新規申込みすることもオススメします。本記事では、ダイレクトワンの増額申請だけでなく、2社目としてオススメしたいカードローンも紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

ダイレクトワンの増額申請の連絡先

ダイレクトワンは、利用限度額の増額が可能です。年収が上がった、今の利用限度額だと足りないなど、利用限度額を増額したいなら下記の方法で申請をしましょう

 

 

<利用限度額増額申請の方法>

@取扱い窓口へ連絡※ → A審査

 

 

※取扱い窓口が不明な場合は「お客様相談センター」に問い合わせてみましょう。

お客さま相談センター 0120-15-2525

営業時間:月曜日から金曜日(祝日を除く)9時から18時

 

 

冒頭でお伝えした通り、審査があるので、必ず増額できるとは限りません。返済の遅れがないことや、年収が上がったなど、初回契約時の状況から変化がないと審査を通過することは難しいでしょう。

 

 

ダイレクトワンに限らず、キャッシング、カードローンの増額申請はかなり厳しい審査になることは理解しておきましょう

 

 

それでも増額を希望する場合は上記の方法で申し込んでみてください。

 

 

もしダイレクトワンの増額申請に不安があるなら、新たに他社のカードローンやキャッシングに申込みをすることもひとつの方法です。

 

 

ダイレクトワンで増額申請をした人の口コミ

限度額いっぱいまで利用してしまい、もう少しお金を借りたかったので申請をしました。増額申請と言えども再度の審査になるので、審査に通るか不安でしたが、無事20万円の増額をすることが出来ました。契約時より年収がアップしていた点が良かったと思います。

 

 

海外旅行の資金が足りなかったので増額申請をしました。最初に契約したときかた50万円ほど年収があがっていたので自信はありましたが、いざ審査が終わったときはホッとしました。そのあと、無事に旅行会社にお金を支払うことが出来ました。

 

 

ダイレクトワンの増額審査が不安な人にオススメのキャッシング

ダイレクトワンの増額審査が不安な人は、借り換えも可能なジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込みましょう。ジャパンネット銀行ネットキャッシングの借り入れで、ダイレクトワンを一括返済すれば返済も1社で済みます。

 

 

申込みはスマホで完結、ローンカードがないので自宅への郵送物もありません。特に、奥様、旦那様にバレたくない方は内緒で借りることも出来るのでオススメです。

 

 

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

 

ジャパンネット銀行

安心の銀行ネットキャッシング。スマホやパソコンのみで申込みから借入れまで完結できます。

金利 1.59%〜18.0%
最高利用限度額 1,000万円
資金使途 自由(ただし事業資金は除く)
オススメポイント 初回借入日から30日間は利息が0円の初回特典あり!

 

 

ジャパンネット銀行の口座を持っている方の契約の流れ

申込み

ログイン後の画面から申し込みが出来ます。必要情報を入力していきます。

 

 

既に口座開設をした際に基本情報は登録をしていますので、大きな手間はありません

 

 

申込み後は、勤務先への在籍確認が行われます。ただ、在籍確認が心配な方もいるでしょう。

 

 

在籍確認で多い質問とジャパンネット銀行の回答は以下のとおりです。

 

他の人が電話をとった場合どうなりますか。

ローンに関する電話であることは、わからないよう配慮をします。また、本人以外申込みの情報を伝えることも当然ありません。

 

 

どんなことを聞かれるんですか。

本人と話しができる場合に限り、申込事実の確認や、簡単な質問に答えていただくことで本人確認を行う場合があります。

 

 

本人確認書類の提出

本人確認として提出可能な書類の一例は以下の通りです。

 

 

運転免許証のコピー

 

個人番号(マイナンバー)カードのコピー

 

パスポートのコピー

 

各種健康保険証のコピー

 

印鑑証明書(原本)

 

住民票の写し(原本)

 

 

上記の本人確認書類は、スマートフォンまたはパソコンからかんたんにアップロードして提出が可能です。もし、スマホやパソコンを持っていなくても、郵送での提出も出来るので安心しましょう。

 

 

収入証明書(必要な方のみ)

借入限度額が50万円を超える場合は、前年所得が記載された収入証明書が必要となります。収入証明書として提出可能な書類は以下のとおりです。

 

 

<給与所得者の方>

源泉徴収票

 

住民税課税決定通知書

 

住民税課税証明書

 

給与明細※最新2ヶ月分+あれば最新1年以内の賞与明細

 

<個人事業者の方>

確定申告書(税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがあるもの)

 

納税証明書(その1、その2)

 

住民税納税通知書

 

住民税課税証明書

 

 

また、上記の収入証明書は、パソコンやスマホからの画像アップロードにて提出が可能です。

 

 

本人確認書類の提出同様に、スマホやパソコンを持っていない方は郵送での提出も可能です。

 

 

審査結果の通知

登録のメールアドレスに、利用限度額を含む審査結果の通知がきます。

 

 

※ただし、審査結果の連絡は、原則として平日の営業時間内となるので頭に入れておきましょう。

 

 

借入開始!

ジャパンネット銀行内での手続完了後、借り入れをスタートできます。完了した旨は、メールで通知が来るので安心しましょう。

 

 

申込時に初回自動借入を希望の場合、手続完了と同時に、指定金額が普通預金口座に入金されるサポート機能があります。急ぎの方は活用しましょう。

 

 

以上が、ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている方の契約の流れです。

 

 

ジャパンネット銀行の口座を持っていない方の契約の流れ

口座開設+ネットキャッシングの同時申込み

普通預金口座を持っていない方は、口座解説が必要です。ただし、同時申込みが可能ですので、時間を掛けず、効率的に申込みが出来ます

 

 

申込み後は、収入証明書の提出と勤務先への在籍確認が行われます。収入証明書として有効な提出書類と、在籍確認の方法は前述した通りです。

 

 

本人確認書類の提出

インターネットで口座開設とネットキャッシングの申し込みをされた後、本人確認資料を口座開設アプリで送信します。

 

 

口座開設アプリで送信できるのは、運転免許証、カード型の健康保険証、個人番号カードです。

 

 

スマホを持っていない方は、郵送での提出も可能です。

 

 

 

審査結果の通知

登録のメールアドレスに、利用限度額を含む審査結果の通知がきます。

 

 

※ただし、審査結果の連絡は、原則として平日の営業時間内となるので頭に入れておきましょう。

 

 

初期設定

ジャパンネット銀行内での手続完了後、メールで手続完了の連絡がきます。

 

 

キャッシュカードとトークンを受け取り後、初期設定を行います。

 

 

借入開始!

ジャパンネット銀行内での手続完了後、借り入れをスタートできます。完了した旨は、メールで通知が来るので安心しましょう。

 

 

申込時に初回自動借入を希望の場合、手続完了と同時に、指定金額が普通預金口座に入金されるサポート機能があります。急ぎの方は活用しましょう。

 

 

以上がジャパンネット銀行の普通預金口座を持っていない方の契約までの流れです。

 

 

どちらも手続き自体は非常に簡単なので、スマホやパソコンの操作が苦手な方も心配はいらないでしょう。

 


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る