アイフルで借りる

\【全国対応】三菱UFJ銀行カードローン/

サイト更新日:2022年5月16日

アイフルの利用限度額の増額の申し込み方法と審査のポイントは?

アイフルの利用限度額の増額の申し込み方法と審査のポイントは?

 

アイフルの利用限度額の増額の申し込み方法、審査のポイントについて解説をします。

 

 

ライフスタイルの変化に伴って、若いときに契約したカードローンの利用限度額では足りない、今後の為にも限度額を増やしておきたいという方は多いと思います。アイフルでも、そのような方の為に利用限度額の増額申請が可能です。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

アイフル

 

アイフルの商品概要について

増額の申し込みの前に、アイフルの商品概要を改めて確認しておきましょう。金利や利用限度額など、自分の収入や返済能力の範囲で増額申請をすることが大前提です。しっかりと理解しておきましょう。

 

 

<アイフルの商品概要>

貸付利息(実質年率) 3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
使い道 不問
対象の方

・満20歳以上69歳までの方
・定期的な収入と返済能力を有する方

担保・連帯保証人 不要

 

 

アイフルの利用限度額増額の申し込み方法は?

アイフルの利用限度額の増額の申し込み方法は、下記のWEB申し込み、電話での申し込み、自分の都合のよい方法から申込むことができます。自分に合った申し込み方法を選びましょう。

 

 

@WEBからの申し込み

公式HPの増額申し込み専用バナーをクリックし、申し込みを進めます。

 

以下、詳細なWEB申し込みの流れです。

 

増額申込みフォームから申込みを行います。インターネットからのお申込みなら24時間受付、土日・祝日も申し込み可能です。※土日・祝日に申込みの場合、返答は翌営業日以降。

審査
※審査の結果、希望にそえない場合もあります。
※受付状況によっては、審査に時間がかかる場合があります。
※場合によっては、収入証明書の提出が必要です。

審査結果の連絡
メール/SMS/電話のいずれかにて、審査結果の連絡がされます。

 

A電話からの申し込み

0120-008-113(受付時間:平日9時〜18時)へ電話し申し込みを進めます。

 

 

利用限度額増額の審査のポイント

アイフルの利用限度額増額の審査に通るポイントは下記の通りです。自身があてはまっているかチェックしてみましょう。既に契約しているとは言っても、利用限度額の増額は審査になりますので、契約当初から状況が良い方に変わっていることが前提となります。

 

 

申し込み当初から年収があきらかに下がっていたり、状況によっては利用限度額が下がってしまう場合もありますので、申し込みは十分に検討した上で行いましょう。

 

 

@アイフルを定期的に一定期間利用している

「信用」の観点から、アイフルを定期的に一定期間利用している実績が必要です。具体的な期間は、最低でも半年以上借入れと返済を行っていることが必要と考えられます。きちんと返済してくれるかわからない、何も利用実績がないのに増額を行うことは貸出側にとってはリスクとなりますので当たり前ですね。

 

 

Aこれまでに返済の遅延がないこと

こちらも当然のことですが、現在はもちろん、それまでも返済の遅延がないことが絶対条件です。返済の遅延=信用が低い、ということになりますので、遅延は絶対にしてはいけません。

 

 

B契約当初よりも年収が上がっている

契約当初よりも年収が上がっていることも必要です。当然ながら、収入が多ければそれだけ返済能力も高くなっていると捉えられます。大幅に増加している方は審査が有利に進むでしょう。

 

 

C(あれば)他社ローンの借入れ残高が減っている

他社ローンがあればの話ですが、他社の借入れ残高が減っていればそれだけ返済負担が減っていると考えられますので、収入の増加と同様に、審査に大きなプラスとなるでしょう。

 

 

アイフルの利用限度額増額の審査に落ちたときのオススメのカードローン

残念ながらアイフルの利用限度額増額の審査に落ちてしまった場合は、他社カードローンに新規申し込みをするという方法もあります。

 

 

その際注意したいのは、「借入れが年収の3分の1を超えていないこと」、「アイフルが関係(保証会社になっている)しているカードローンには申し込まないこと」です。

 

 

当サイトで新規カードローンとしてオススメしたいのは、三井住友カード カードローンです。新規のカードローンとなれば単純に返済負担も増えますが、三井住友カード カードローンは金利が低く返済負担を抑えることができます。

 

 

下記にて、商品概要と申し込み手順を解説していますので、アイフルの増額審査に落ちてしまった方はぜひ検討してみましょう。

 

 

三井住友カード カードローンの商品概要と申し込み手順

三井住友カード カードローンの商品概要
申込み対象者 満20歳以上〜69歳以下
申込み要件 安定収入のある人(学生は除く)
利用限度額 10万円〜900万円まで
実質年率

(振込専用タイプ)1.5%〜14.4%
(カードタイプ)1.5%〜15.0%

遅延損害金 20.0%
資金使途 自由
担保・保証人 不要
返済日 10日、26日のいずれか

 

 

三井住友カード カードローンの商品内容で特徴的なのは、上限金利が消費者金融会社と比べて低い水準にあることでしょう。SMBCモビットやアコムの上限金利である18.0%と比べると、3.0%〜3.6%低い金利となっています。

 

 

三井住友カード カードローンは2種類のタイプから選べる

三井住友カード カードローンは、「振込専用タイプ」と「カードタイプ」の2種類から自分に適した借入れタイプを選択することができます。

 

 

簡潔にいうと、「振込専用タイプ」はローンカードがなく、自分の指定する口座に振込で入金をしてもらい借入れをします。一方、「カードタイプ」は専用のローンカードが発行され、提携ATMで借入れをします。

 

 

ローンカードは特に必要がないという方は振込専用タイプがおすすめです。また、振込専用タイプのおすすめのポイントはもう一点あり、カードタイプに比べて適用金利が低くなるという点です。

 

 

具体的には、通常のカードタイプの金利と振込専用タイプの金利は下記のようになります。通常タイプに比べ、振込専用タイプの上限金利が0.6%も低くなることがわかります。0.6%の差ですが、長期的な視点で考えると大きな金利差となりますので、ローンカードが必要ないということに加え、金利を出来るだけ低く借りたいという方は「振込専用タイプ」に申込みをしましょう。

 

 

借入れタイプ 金利
カードタイプ 年1.5%〜15.0%
振込専用タイプ 年1.5%〜14.4%

 

 

三井住友カード カードローンの申込み時に自宅に届く郵送物は?

三井住友カード カードローンは、2種類のタイプから自分に適した方を選択できると解説しました。タイプによって郵送物も異なりますので注意しましょう。

 

 

振込専用タイプ → カード発行なし/郵送物なし

 

カードタイプ → ローンカード

 

 

また、上記の郵送物は、申込時に申告した自宅住所に届きます。どちらの借入れライプを選択しても、自宅への郵送物はありますので覚えておきましょう。

 

 

郵送物が届くタイミングは、カードタイプの場合は下記のカードタイプの申込み手順のDのタイミング、振込専用タイプの場合は振込専用タイプの申込み手順のDのタイミングとなります。

 

 

<カードタイプ>

@公式ホームページにて申込み

 

A返済口座の設定

 

B必要書類の提出

 

C入会審査〜ローンカード発行

 

Dローンカードの郵送

 

 

<振込専用タイプ>

@公式ホームページにて申込み

 

A返済口座の設定

 

B必要書類の提出

 

C入会審査

 

 

三井住友カード カードローンの審査は最短5分で審査完了も可能となっていますが、スムーズに審査手続きが進んだ場合の「最短」です。実際には3営業日程度を想定しておくとよいでしょう。

 

 

そのため、上記で紹介した自宅に届く郵送物は、申込み日から1週間程度と考えておいてよいかもしれません。自宅に届く日を特定するのは難しいですが、なるべく日取りを知りたいなら、問い合わせをしてみるか、入会審査が完了した時点から逆算してみるのがよいでしょう。

 

 

三井住友カード カードローンの申し込み手順

三井住友カード カードローンの申し込み手順です。申し込みを検討している方は、参考にしてみましょう。

 

 

<カードタイプの場合>
@Webで申込み
専用の申込みフォームを入力し、利用代金支払い口座の設定をします。

A書類提出
必要書類をアップロードまたは郵送にて提出します。
・本人確認書類 ・収入証明書

B審査・発行
最短5分で審査完了後、ローンカードを発行します。審査結果はメールにて通知されます。

Cローンカードの受け取り
審査通過後、1週間程度で簡易書留にてローンカードが自宅に到着します。

 

 

<振込専用タイプの場合>
@Webで申込み
専用の申込みフォームを入力し、利用代金支払い口座の設定をします。

A書類提出
必要書類をアップロードまたは郵送にて提出します。
・本人確認書類 ・収入証明書

B審査・発行
最短5分で審査完了後、ローンカードを発行します。審査結果はメールにて通知されます。

 

 

 

三井住友カード カードローン

 

三井住友カード カードローン(2券種LP用)

申込み対象 満20歳以上〜69歳以下で安定した収入のある方(学生は除く)
資金使途 自由
利用枠 10万円〜900万円
金利 (振込専用タイプ)1.5%〜14.4% (カードタイプ)1.5%〜15.0%

 



\当サイト申込数ランキング/

★GW中も即日融資可能!★


バンクイック

安心のメガバンク三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は当サイトオススメ1のカードローン。全国対応、三菱UFJ銀行の口座がなくてもスマホからすぐに申込み可能です。
金利 利用限度額
年1.8%〜年14.6% 10万円〜500万円
最小返済額 担保・保証人
月1,000円〜 不要(保証会社:アコム株式会社)


SMBCモビット

金利 融資上限額
3.0%〜18.0% 最大800万円
担保・保証人 即日融資
不要 可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があり。
おすすめのポイントその@ おすすめのポイントそのA
モビットカードを発行する場合、コンビニ受け取りも可能! 専用アプリで管理が簡単


金利 融資上限額
4.5%〜17.8% 最大500万円※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
審査時間 即日融資
最短30分での融資が可能 可能


三井住友カード カードローン(2券種LP用)

実質年率 融資限度額
1.5〜15.0% 900万円まで
申込み資格 おすすめポイント
満20歳以上〜69歳以下で安定収入のある方(除く学生) 返済実績に応じて実質年率が下がる!
<2022/1/17より「最短5分で即時発行(※ご利用枠は50万円まで)」のサービス開始!>
★最短5分でお借入れ可能
★最短5分審査完了後、(Vpassアプリに登録することで)すぐに利用可
★カード到着前に利用可能
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
*1.詳細はリンク先の公式ページをご確認ください


アコム

金利 融資上限額
3.0%〜18.0% 最大800万円
審査時間 即日融資
最短30分 可能


 

\レイクALSA/

 

実質年率 融資額
4.5%〜18.0% 1万〜500万円
利用対象 担保・保証人
・満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取されている方)
・ご自分のメールアドレスをお持ちの方
不要

 

\オリックス銀行カードローン/

 

オリックス銀行

金利 融資上限額
1.7%〜17.8% 最高800万円
担保・保証人 ポイント
不要 パート・アルバイトも申込み可能


 

\アイフル/

 

アイフル

金利 融資上限額
3.0%〜18.0% 最大800万円
担保・保証人 即日融資
不要 可能


 

\アイフルスラリ/

 

SuLaLi

貸付利率 契約限度額
18.0%(実質年率) 10万円
担保・保証人 即日融資
不要 可能


 

\ダイレクトワン/

 

ダイレクトワン

金利 融資上限額
4.0%〜18.00% 300万円
即日融資 ポイント
可能 パート、アルバイトもOK


 

\JCBカードローンFAITH/

 

JCB FAITH

年利 借入限度額
4.40〜12.50% 最大500万円
担保・保証人 ポイント
不要 大手JCBのカードローン


 

\北洋銀行カードローン/

 

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」※北海道エリア限定

借入利率 利用限度額
年1.9%〜14.7% 10万円〜1000万円
担保・保証人 ポイント
不要 毎月の返済は2000円から


※各バナーをクリックすると公式HPへ遷移し、申し込みが出来ます。

<当サイト掲載のカードローンについて>
アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

<参考>
金融庁ウェブサイト
銀行法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)
貸金業法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)
日本貸金業協会



<サイト管理人・執筆者プロフィール>

筆者

 

サイト管理人・執筆者名/K・N

 

丑年生まれの37歳です。自身も複数枚(三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローン)のカードローンを所持しており、利用歴は10年以上です。これまで利用してきた中で感じたカードローン・キャッシングのメリット、デメリットなど、確かな経験と知識、また利用者目線に立ったカードローン、キャッシングの様々な情報を紹介しています。当サイトの記事は、口コミ・体験談を除き、すべて私が執筆しています。当サイトで、カードローン・キャッシングを検討している方の不安を解消できるような意義のあるサイト運営をしていきたいと思っています。

 

資格:ファイナンシャルプランナー3級、簿記3級

 

勤務実績:某地方にある信用組合で3年間勤務(カードローンの取扱い実績あり)。現在は教育事業(中間管理職)に従事しています。
*最終更新日:2022年5月1日
運営者情報とサイト運営理念はコチラ
コンテンツ制作ポリシーはコチラ