カードローンプラス(+) -cardloanplus-

検索結果

「 消費者金融 」の検索結果
  • 【2024年最新】おすすめの大手消費者金融一覧
    【2024年最新】おすすめの大手消費者金融一覧【2024年最新】おすすめの消費者金融カードローンをランキング形式で紹介します。正社員の方はもちろん、パートやアルバイトで収入が低い方も申込みできる大手カードローンのみを厳選して紹介します。また、即日融資が可能でスマホですぐに借りられるカードローンを集めましたので、「今すぐに借りたい!」という方はぜひ参考にしてください。■消費者金融カードローンで借りるメリット・申し込んだその日に借りられる(即日融資が可能)・無利息期間があるカードローンが多い・銀行カードローンより借りやすい・全国のコンビニATMでいつでもどこでも借りられるWEBで完結!!SMBCモビット金利実質年率3.0%~18.0%利用限度額1万円~800万円オススメポイントスマホのみで申込みから借入まで完結!当サイト申込数№1・家族にバレずに借りられる(郵便物なし)・スマホで完結・毎月の返済額は最低4,000円から!当サイトでの申込み数は不動の第一位です。知名度、利用者数、サービス内容どれをとっても業界トップクラスのカードローンです。特に、家族には申込み、借入れがバレたくないサラリーマンのお父さん方に人気となっています。最短3分で融資可能!!プロミス借入利率実質年率4.5%~17.8%融資額500万円までオススメポイント即日融資も可能!借入までの速さは業界トップクラス!プロミスは最短3分で融資可能です。※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり・土日祝日関係なし!最短即日融資可能!・学生、パート、アルバイトも借入れOK!・安心の大手CMでもお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。土日祝日も申し込みから借り入れまで最短即日、融資スピードは業界トップクラスの早さです。万人におすすめのカードローンと言えるでしょう。2022年11月7日以降、申込み年齢の上限が69歳から74歳に引き上げられました。これまで年齢がネックで申込みが出来なかった70代の方もはこの機会に申込みを検討してみましょう。ただし、年金収入のみでは申込みができない点に注意しましょう。年金収入以外の安定した収入がある70歳~74歳の方はぜひ検討してみましょう。アイフル実質年利3.0%~18.0%契約限度額800万円以内オススメポイント初回の方は契約日翌日から30日間の無利息期間あり!・フリーター、アルバイト、パートも借入れOK!・契約日翌日から30日間の無利息期間あり!・最短20分で借りれる!*ただし、申込み状況によっては希望に添わない場合もありアイフルも、SMBCモビットやプロミス、アコムなどと並び、業界でも強い知名度と実績を誇るカードローンです。無利息期間もあり、お得に借りられるカードローンです。最短即日融資OK!!アコム融資額1万円~800万円貸付利率(実質年率)3.0%~18.0%オススメポイント審査回答は最短30分!無利息期間もあり・3秒診断で気軽にお試し可能!審査回答は最短30分!・借入れ可能か簡単診断できる!・パート、アルバイトももちろんOK!・契約日翌日から30日間の無利息期間ありパート、アルバイトも申し込み可能なアコムは、ご自身の年収に対する不安がある方に特におすすめです。どのカードローンがよいか迷っているならまずはアコムに申し込んでみましょう。*ランキングの根拠は当サイトからの申し込み数から独自に判断したのものです。
    Read More
  • 月収10万円、年収120万円以下でも借りれるカードローンは?
    月収10万円、年収120万円以下でも借りれるカードローンは?本記事では、月収が10万円以下、年収にして120万円以下の方も借りられるカードローンを紹介します。「月収10万円以下だし、どうせ審査に通らないからカードローンの契約をするのは無理だろう」と考えている方も多いでしょう。実際、カードローンへの申し込みをしない理由として、年収の低さを挙げてる方は多くいます。しかし、月収10万円以下、年収が120万円でもカードローンでお金を借りられる可能性は十分にあります。必ず契約できるとは限りませんが、口コミや評判で月収10万円以下の方でも審査に通った大手で安心のカードローンを中心に紹介します。特に、パート主婦やアルバイトをしている学生など、正社員の平均年収よりも低い方はぜひ参考にしてください。パート、アルバイトでも審査に通る可能性が高いおすすめのカードローンはたくさんあります。\申込みはコチラ/最短即日融資も可能!パート・アルバイトの方も審査に通ったという口コミが多数みられます。スマホで借入れまでのすべての手続きが完結できる点も魅力です。著者からのアドバイス月収が10万円でもカードローンの審査に通過するための年収は満たしています。総量規制により年収の3分の1以内の利用限度額となることは確実ですが、審査に通過する可能性は十分にあるでしょう。ただし、既に他社で借入れをしている場合など、返済能力があるかどうかが重要なポイントになります。月収10万円以下でもカードローンを借りられる?審査に通るポイントは?月収10万円以下の方の雇用形態は、パート、アルバイトが多いでしょう。主婦の方、大学生、フリーターなど、一般サラリーマンの平均的な年収の方に比べると、お金に余裕がない方が多いでしょう。そんなときに、「カードローンでお金を借りたい」、「一時的にカードローンで工面したい」など、切実に考えると思います。そこでネックになるのが収入だと思いますが、カードローンは、一般サラリーマンの平均年収よりも低い、パート、アルバイトの方でも申込みが可能です。月収の高さも審査の上では重要ですが、最も大切なのは収入に対する支出の割合です。いくら月収が高くても支出がその内8割を占めていたら、返済に回すことが出来るお金は限られますよね。例えば、SMBCモビットなら月々の返済は最少4000円からです。月収が10万円以下でも支出の割合が低く、返済出来ると判断されれば審査には通ります。上記の理由から、月収が単に低いから審査に通らないとは限らないのです。もう一度お伝えしますが、大切なのは、「収入と支出のバランス」です。ただし、注意点があります。どのカードローンの審査でも、収入は安定した継続することが前提条件です。下記のような不定期な収入は申込みの対象とはならないので注意しましょう。<カードローンの申込み対象とならない収入>・チラシ配り、ティッシュ配り・期間限定の年賀状、お歳暮配達・シーズンのみのリゾートバイト※上記以外でも、短期アルバイト・パート収入は申込みの対象となりません。ちなみに職種は特に関係ありません。アルバイト・パート以外でも、派遣社員、契約社員の方もカードローンの申込みは可能です。加えて、勤続年数が長ければ長い程収入は安定しているとみなされ、仕事を辞める可能性も低いとなりますので、審査に有利になるでしょう。雇用形態でカードローンの審査に有利となるのは、正社員>契約社員>パート、アルバイトと一般的に言われています。ただし、パート・アルバイトでも毎月安定した収入があれば十分に借りることができるので過度な心配はいりません。審査に通るのか心配な方は、消費者金融に申し込むとよいでしょう。銀行カードローンの審査通過率は、約10%~30%と言われている一方で、消費者金融は約30%~40%です。審査通過率に違いがあるのは、金利が低い銀行カードローンは審査が厳しいのが理由です。銀行カードローンよりも幅広いステータスの方に対応しているのが消費者金融です。カードローン審査で大切なポイントは?どの項目が重要?パート、アルバイトの方でもカードローンでお金を借りることは十分に可能であることを解説しましたが、それでも不安な方は下記を参考にしてください。まず、カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴を解説します。カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴①収入に対して支出が多い②年収の3分の1以上の借入を既にしている(※総量規制)③収入が安定していない④過去に延滞または金融事故を起こしている上記にひとつでも該当している方は審査に通ることは難しいと考えてよいでしょう。各項目とも、カードローンの審査で重要視される項目となります。また、カードローンの審査でチェックされる各項目は以下が基本です。これらのうちひとつでもネガティブな情報があると審査に落ちてしまうわけではなく、すべての項目を総合的にみて審査の可否が決まりますが、参考情報として確認してみてください。審査の採点項目をクリアしている?具体的な採点基準は公開されていませんが、下記の主な採点項目が審査されます。勤務先、勤続年数、年収、勤務状況、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分家族構成の採点:独身・家族同居 > 既婚・家族同居・子なし > 既婚・家族同居・子あり > 既婚・同居なし > 独身・1人暮らし(※独身で家族と同居の方の採点評価は高くなると一般的に言われてます。)勤務先が大手の会社で安定しているか、勤続年数は長いかなど審査項目は多岐に渡ります。他社の借入れ状況も重要他社の借入れ状況も審査には大きく影響します。総量規制の関係はもちろんですが、当然他社の借入れが少なければ少ない程審査には好印象です。借入れ件数:少ない程有利借入れ期間:長い程信用がアップして有利居住形態は持ち家が審査には好印象居住形態は以下の順で審査には有利となります。本人名義の持ち家>家族名義の持ち家>社宅>賃貸マンション・アパート>公営住宅ただし、賃貸アパートや公営住宅だからといって審査には通らないわけではありません。そこまで気にしなくてもよいと考えられます。雇用形態は正社員だと有利になる雇用形態は、有期雇用よりも無期雇用が安定性があると判断され有利になります。正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト月収10万円以下の人におすすめのカードローンは?月収が10万円以下の方におすすめえしたいカードローンは、大手消費者金融カードローンのSMBCモビットと銀行カードローンの三菱UFJ銀行銀行カードローンのバンクイックです。SMBCモビットは、毎月の最小返済額が付き4,000円、バンクイックは最少1,000円の返済となります。どちらも月々の最少返済額が低く、余裕をもって返済することが出来るでしょう。つまり、返済額が低いのでパート・アルバイト収入でも十分に返済できる設定となっています。月10万円の収入があれば、月4000円の返済は十分に可能ですよね。そのため、収入に対する支出の割合が低く、毎月安定した収入があれば月収が低くても審査に通ることが可能です。SMBCモビット、バンクイックの順に、商品内容と申込みから借入れまでの手順を詳しく解説します。パート、アルバイト収入で月収が10万円以下の方は申込みを検討してみましょう。SMBCモビットの商品内容と申し込み手順SMBCモビットWEBのみで申込完結!今すぐ借りたい方はSMBCモビット!実質年率3.0~18.0%最高限度額800万円月々の返済額4000円~即日融資○(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もあり)申込み資格年齢満20歳~74歳の安定した定期収入のある方(SMBCモビットの基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能(*年金収入のみの方は申込み不可)申込に必要な書類運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)担保・保証人不要返済日毎月5日、15日、25日、末日から選択返済方法ATM返済、振込返済ならびに口座振替2022年10月31日以降、申込み年齢の上限が69歳から74歳に引き上げられました。この変更によって、今まで年齢で申込みが出来なかった70代の方も申込みが可能となりました。ただし、年金収入のみでは申込みができない点に注意しましょう。年金収入以外の安定した収入がある70歳~74歳の方はぜひ検討してみましょう。一目でわかるSMBCモビットの総合チャートSMBCモビットの特徴は融資までのスピードがとにかく早いことです。最短即日借入も出来るので、急ぎで借りたい方にピッタリです。スマホのみでATMから借入れできる業界初のアプリも大注目です。SMBCモビットはスマホのみで申込から契約手続きまで完了できます。WEB完結申込で手続きする場合には(※1)の条件が必要ですが、面倒な郵送や来店の手続きが必要なく、いつでもどこでも場所、時間を気にする必要なく申込みが可能です。WEB完結申込の場合、ローンカードの発行はありません。ローンカードを持たないメリットは、財布にカードを入れておく煩わしさがないこと、財布からカードを取り出したときに家族や友人にバレてしまう心配がないことです。独身で一人暮らしなら心配はないと思いますが、実家暮らしや彼女と同棲、ルームシェアをしている方はWEB完結申込がおススメかもしれません。①WEB申し込みパソコンやスマホから必要事項を入力し、申し込みます。②審査結果の通知メールか電話の希望した方法で審査結果が通知されます。③在籍確認の電話勤務先に在籍確認の電話が掛かってきます。※WEB完結申込の場合は電話連絡はありません。④振込融資またはローンカードの発行WEB完結申込の場合、原則24時間最短3分で振込可能です。また、三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の普通預金口座がなく、WEB完結申込を利用出来なくても、自動契約機でローンカードを発行すればすぐに借り入れが可能です⑤ATMにて借り入れローンカードを発行した場合は、自動契約機隣接のATMやコンビニなどの提携ATMで借り入れができます。即日融資のポイントWEB完結申込は、電話連絡、郵送物やローンカードの発行はありません。WEB完結申込の場合、原則24時間最短3分で振込可能です。また、三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の普通預金口座がなく、WEB完結申込を利用出来なくても、自動契約機でローンカードを発行すればすぐに借り入れが可能です。<1.WEB完結申込対象の条件>・三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の普通預金口座を持っている方・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている方また、SMBCモビットは他社よりも申込み項目が少ないのが特徴です。当然、申込み時間に要する時間が短縮になるので、面倒な手間も減りますし、時間がない、すぐに借りたい方に特におススメです。カード申込WEB完結申込パソコンスマホパソコンスマホ22項目19項目23項目20項目他社は平均すると40項目程度入力しなければいけません。その点SMBCモビットは最大でも23項目と、他社に比べ簡単で早く申込が完了するので簡単です。三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の商品内容と申込み手順三菱UFJ銀行カードローンバンクイック24時間いつでもどこでもスマホからWEBのみで申込みを完結できます。金利も年1.8%~年14.6%と消費者金融カードローンと比べて格段に低く借りることができます。金利年1.8%~年14.6%利用限度額10万円~500万円申込み対象者・年齢が満20歳以上65歳以下の国内に居住する個人の方で、保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方。・原則安定した収入がある方。オススメポイントメガバンクの三菱UFJ銀行のカードローンで初めての借り入れでも安心申込み方法は、web申込み、電話からの申込みの3通りとなります。当サイトでは、いつでもどこでもすぐにスマホから申込みが可能な「web申込み」を推奨します。※2022年3月31日(木)をもって、テレビ窓口での新規申込受付は終了しています。<申込みから借入れまでの手順>①申込み:「お申込ボタン」から申込画面へ進み、必要事項を入力します。↓②書類提出・審査:指定の書類を提出し、所定の審査を受けます。審査にあたって本人確認書類・収入証明書(利用限度額50万円超をご希望の場合)が必要となります。必要書類を準備し、Webアップロード・郵送・FAXのいずれかの方法で提出します。↓③審査回答・契約:Eメールまたは電話にて審査結果・契約内容を最短で翌営業日に回答します。審査結果の連絡は9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)までとなり、申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌営業日以降になる場合があります。↓④カードの受け取り:テレビ窓口、郵送のいずれかでカードを受け取ります。受け取り方法は、申込時に選択できるので都合の良い方を選択しましょう。<申込みから借入れまでに必要な書類>運転免許証等の本人確認書類、50万円超は収入証明書必要書類は、webアップロードで簡単に提出が可能です。月収が低いからと思って申し込まないのはもったいない!これまで解説したように月収が10万円以下でも、毎月安定継続した収入であれば借入れできる可能性は高いです。利用限度額は収入に見合って低くなってしまうかもしれませんが、それでもお金がピンチのときに借入れできたら本当に助かりますよね。<総量規制により、借入れは年収の1/3まで>総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができないことを定めた貸金業法で、2010年に完全施行されました。年収が120万円であれば、借入れできる上限は40万円までとなります。カードローンは、全国の提携ATM、特にコンビニATMならどこでも借入れと返済ができます。借りたいと思ったときにいつでも借入れできる利便性は重宝します。審査が不安な方は、SMBCモビットは「10秒簡易審査」、バンクイックは「お借入診断」というメニューで、個人情報は入力せずに年収や他社ローンの借入れ残高を入力すれば簡易診断が可能です。こういったメニューも活用してみましょう。月収10万円以下のカードローン申込みに関するよくある質問【FAQ】学生アルバイトでも借りれるカードローンはある?本記事で紹介したSMBCモビットは、学生の方でもアルバイト収入があれば借入れ可能です。月収5万円でも借りれる?月収5万円でも毎月安定した収入と返済能力があれば審査に通る可能性はあります。月収5万円=年収60万円となりますので、年収の3分の1の20万円以内が目安となるでしょう。SMBCモビットとバンクイック、どちらがおすすめ?一般的に、金利が低い銀行カードローンは審査が厳しいと言われています。この点から考えると、SMBCモビットの方がハードルが低いと言えるでしょう。
    Read More
  • 月収20万円以下のあなたにオススメのカードローン!
    月収20万円以下で審査に通るか不安な人におススメのカードローン「月収20万円以下で収入が低いし、審査に通るか不安・・・」という方のためにも安心してもらえる、オススメのカードローンを紹介します。月収20万円以下でも、ここでオススメするカードローンなら十分審査に通る可能性があります。カードローンの申込みを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。著者からのアドバイス月収が20万円ということは、年収は240万円です。他社に借入れがなければ年収の3分の1以内が利用限度額となるため、審査に通過した場合、80万円以内の利用限度額となることが目安です。本記事で紹介するSMBCモビットとプロミスは、大手消費者金融で初めてカードローンを利用する方に人気のおすすめのカードローンです。月収20万円以下の人にオススメしたいカードローンは?審査に通るか不安な方にオススメしたいのは、SMBCモビットとプロミスです。大手なのでこの2社についてご存知の方も多いと思います。SMBCモビットとプロミスは、パート・アルバイトの方でも申込みが可能です。月収20万円以下だと、パート・アルバイトの人が多いと思います。雇用形態が正社員じゃないからという理由で審査が不安だというのはよく聞く話です。ただし、前述したように、SMBCモビットとプロミスは、パート・アルバイトも申込み可能で当サイトに寄せられた口コミをみると、月収が10万円以下でも借りられたという事例もたくさんあります。実は、審査に通るかどうかのポイントは、収入の高さよりも、収入と支出のバランスなのです。いくら収入が高くても、ほとんどが支出で出ていってしまう状態ならば、収入が低くても返済に回せるお金がたくさんある人の方が断然審査には有利です。「自分は収入が低いからカードローンの審査には通らない」と諦めるのはまだ早いでしょう。これまでに借入れの経験もなく、毎月の収支は黒字だという方は月収が20万円以下でも審査に通る可能性は高いです。逆に言うと、カードローンの収入のハードルはそれほど高くありません。まずは申込んでみましょう。SMBCモビットSMBCモビットWEBのみで申込完結!今すぐ借りたい方はSMBCモビット!実質年率3.0~18.0%最高限度額800万円月々の返済額4,000円~即日融資〇(申込の曜日、時間帯によっては、翌日以降の取扱いとなる場合があり)申込資格年齢満20歳~74歳の安定した定期収入のある方(SMBCモビットの基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能(*年金収入のみの方は申込み不可)申込に必要な書類運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)担保・保証人不要返済日毎月5日、15日、25日、末日から選択返済方法ATM返済、振込返済ならびに口座振替2022年10月31日以降、申込み年齢の上限が69歳から74歳に引き上げられました。この変更によって、今まで年齢で申込みが出来なかった70代の方も申込みが可能となりました。ただし、年金収入のみでは申込みができない点に注意しましょう。年金収入以外の安定した収入がある70歳~74歳の方はぜひ検討してみましょう。プロミスプロミス最短3分で融資も可能!土日祝日も借入れOK!※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり実質年率年4.5%~年17.8%(30日間無利息)借入限度額1万円~500万円月々の返済額2000円~即日融資〇申込み対象者年齢18歳以上、74歳以下のご本人に安定した収入のある方※年金収入のみの方は申込み不可※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込み可能※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込み不可資金使途生計費に限る。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限る)返済期日5日、15日、25日、末日の中から選択担保・保証人不要プロミスレディースプロミスのレディースキャッシング。最短3分で融資も可能!土日祝日も借入れOK!※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり実質年率年4.5%~年17.8%(30日間無利息)借入限度額1万円~500万円月々の返済額2000円~即日融資〇申込み対象者年齢18歳以上、74歳以下のご本人に安定した収入のある方※年金収入のみの方は申込み不可※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込み可能※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込み不可資金使途生計費に限る。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限る)返済期日5日、15日、25日、末日の中から選択担保・保証人不要
    Read More
  • 地元銀行のカードローンと消費者金融のカードローンはどっちで借りるべき?
    地元銀行のカードローンと消費者金融のカードローンはどっちで借りるべき?遊びにお金を使い過ぎてしまって生活費が足りない、冠婚葬祭など急な出費で金欠になってしまった。このような状況になってしまったとき、打開策のひとつとして「カードローン」でお金を借りることを検討する方は多いでしょう。筆者も、社会人なりたての20代前半時に、三井住友銀行カードローン→キャッシュワン→ノーローン→住信SBIネット銀行と、計4社のカードローンを順に借りました。いざカードローンを選ぼうとしても、紹介サイトや比較サイトをみると、金利の低さなら銀行カードローン、当日中に今すぐ借りたいなら消費者金融、とアドバイスしているサイトがほとんどです。これだけの情報だとどちらで借りるべきなのか決定的な理由にはならないですよね。本記事では、銀行カードローン、消費者金融のカードローンのそれぞれのメリットをもっと深堀し、状況にあった適切なカードローンで借りられるようにサポートします。カードローン選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。銀行カードローンと消費者金融の主な違いは?銀行カードローンと消費者金融の違いをみてみましょう。それぞれの違い、特徴は以下のようになります。銀行カードローン消費者金融①適用される法律銀行法貸金業法②適用される金利上限金利15%以下が多い上限金利15%以上が多い③借りられるまでの時間申込み日の翌営業日以降最短申込み日当日中④利息負担少ない多い⑤利便性△◎⑥普通預金口座の有無必要な場合あり必要なし⑦総量規制対象外対象①適用される法律銀行カードローンは「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」が適用される金融商品となります。特に、利用者にとって大きく影響を与えるのは、貸金業法に定められた総量規制でしょう。総量規制によって、年収の3分の1を超える貸付は原則禁止となっています。「総量規制」とは?貸金業法が適用となる消費者金融、クレジットカード会社などを対象に定められている法律のひとつです。2000年代に社会問題となった、返済能力を超えた過剰な貸付による多重債務者の抑制を図るために設けられた制度です。これによって、「年収の3分の1を超える貸付の原則禁止」が定められています。そのため、既に年収の3分の1を超える貸付をされている方は、消費者金融で新たに申し込みをしても、審査に通ることはないでしょう。ただし、以下に該当する貸付は総量規制に含まれることはありません。①不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)②自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)③高額療養費の貸付け④有価証券を担保とする貸付け⑤不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け⑥売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け など引用:日本貸金業協会総量規制に倣い自主的に「年収の3分の1を超える貸付はしない」としている銀行カードローンも多いですが、総量規制の対象とならない銀行カードローンに申し込みをしてみると借入れできる可能性はあるでしょう。②適用される金利、④利息負担多くの比較サイトで紹介されていますが、金利は銀行カードローンの方が低い傾向にあり、その分利息負担も軽くなります。代表的な銀行カードローンと大手消費者金融の金利を比較すると以下のようになります。カードローン金利三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」年1.8%~年14.6%三井住友銀行カードローン年1.5%~14.5%オリックス銀行カードローン年1.7%~14.8%プロミス4.5%~17.8%(実質年率)アイフル3.0%~18.0%(実質年率)アコム3.0%~18.0%(実質年率)比較表をみると、銀行カードローンの方が上限金利が3%以上も低いことがわかります。この理由から、利息負担をおさえたい、金利を低く借りたいなら銀行カードローンがおすすめと言われる根拠となっています。③借りられるまでの時間申込みから借りられるまでの時間は、銀行カードローンが最短申込み日の翌営業日となるのに対し、消費者金融は最短当日中に借りることが可能です。例を挙げてみると、プロミスはwebなら最短3分で融資可能(状況により希望に添えない場合もあり)、アイフルなら最短20分融資も可能(申込みの時間帯により、翌日以降になる場合もあり)としています。しかもスマホから24時間365日いつでも申込みが手軽にできるので、今すぐにでも借りたいなら消費者金融がおすすめと言われている理由です。一方、銀行カードローンは、警察庁の暴力団情報データベースを活用した、反社チェックが審査の過程で義務付けられています。この照会結果が翌日以降の回答となるため、即日審査はできないこととなっています。⑤利便性現在では、銀行カードローンと消費者金融の利便性の格差は縮まってきていると言えますが、それでも消費者金融の利便性は、銀行カードローンに比べて多くのメリットがあります。特に、借入れの管理に独自アプリを採用している消費者金融が多く、スマホ1台で借入れ・返済、借入れの管理まですることが可能です。また、SMBCモビットはTポイントと連携、プロミスはVポイントと連携しており、返済等をするとポイントが貯まっていく仕組みを導入しています。TポイントやVポイントを多くの機会で利用している方は、選択のひとつの理由となるでしょう。⑥普通預金口座の有無銀行カードローンでは、普通預金口座の開設を契約の条件としていることもあります。スマホから開設できる銀行がほとんどですが、それでも普通預金口座開設の時間がかかってしまうため、審査の時間が長くなってしまうという傾向があります。普通預金口座を作ることによって、返済口座の引き落としの設定ができたり、利用者にとっても返済忘れを防止したり、銀行側にとっても確実な回収を実行できるというメリットがありますが少しでも早く借り入れをしたいなら普通預金口座開設の必要がない銀行カードローンや、消費者金融に申し込みをするのがよいでしょう。銀行カードローンがおすすめな方、消費者金融がおすすめな方は?これまで解説した、銀行カードローンと消費者金融のそれぞれの特徴や違いを加味すると、銀行カードローンがおすすめな方、消費者金融がおすすめな方は以下にまとめられます。■銀行カードローンがおすすめな人!①利息負担を減らしたい方②既に年収の3分の1以上の総量規制に該当する借入れを行っている方③メインバンクで安心感を得たい方④当日中の借入れを希望していない方■消費者金融がおすすめな人!①金利よりスピードを優先し、今すぐ借りたい方②年収の3分の1以上の総量規制に該当する借入れを行っていない方③アプリで借入れ、返済、管理などを行いたい方ご自身がどちらにあたるのか参考にしてみてください。おすすめの銀行カードローン(全国対応)全国対応で日本国内に居住していれば申し込みができるおすすめの銀行カードローンは、メガバンクの三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」です。銀行カードローンのメリットである、金利の低さ(年1.8%~年14.6%)で借りることができますし、全国対応なので地方銀行カードローンに多い居住制限(営業区域でないと申込みできない)もありません。銀行カードローンがおすすめとなる方は、バンクイックに申し込んでみましょう。【PR】金利年1.8%~年14.6%極度額10万円~最高500万円メリット金利の低さ、全国対応バンクイックに申し込むおすすめの消費者金融金利よりも借入れまでのスピード重視という方は、消費者金融の「プロミス」がおすすめです。プロミスはwebなら最短3分で融資可能(状況により希望に添えない場合もあり)としており、審査スピードは一番早いカードローンです。実質年率4.5%~17.8%利用限度額1万円~500万円メリット土日も審査時間は最短3分(*申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)プロミスに申し込む
    Read More