■pickup■

>【最新】おすすめカードローン一覧<

サイト最終更新日:2024年6月24日

※プロモーションを含みます。

100万円~500万円の年収ごとにおすすめのカードローンは?

本記事では、年収100万円~500万円の方に、年収別におすすめのカードローンを紹介します。年収によって、審査に通りやすいカードローンは異なります。住宅ローンや自動車ローンなら、連帯保証人や担保を差し入れるので、年収以上の大きな金額を長期で借りられる場合もあります。

 

 

しかし、保証人や担保の必要がないカードローンやフリーローンは、借りられる金額が住宅ローンや自動車ローンなどに比べて低くなり傾向があります。

 

 

「カードローンを探しているけど、たくさん種類があってどこに申込んだらいいかわからない・・」と悩んでいる方、自分の年収だとどのカードローンがおすすめなのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

 

年収が高い分には不安がないと思いますが、アルバイトやパートで年収が100万円未満の人は審査に通るか不安が大きいと思います。年収が低くても借入れができる可能性が十分あるカードローンを紹介していますのでぜひご覧ください。

 

アイフル

はじめての方なら最大30日間利息0円で借りられます。スマホからの申込みで最短20分融資も可能です。

SMBCモビット

WEB完結申込なら郵送物なし、来店不要で借りられます。自宅にいながら申込から契約後の借入まで完了します。

バンクイック(女性用)

銀行カードローンならではの低金利(年1.8%~年14.6%)。全国対応の銀行カードローンです。

 

著者からのアドバイス

年収が高くないとカードローンの審査に通らないのではないかと誤解している方は多いです。もちろん、年収が高いに越したことはないですが、一番大切なのは、収入と支出のバランスです。バランスがよく、返済能力があると判断されれば審査に通る可能性は十二分にあります。特に、本記事で紹介する消費者金融は間口が広く、年収が100万円以下でも審査に通った実績があるカードローンです。

 

 

年収100万円、または100万円未満の方におすすめのカードローンは?

まずは、年収100万円、100万円未満の方におすすめのカードローンを紹介します。

 

 

年収が100万円未満というと月収は約8万円です。学校に通っていて、アルバイトの時間に制約があったり、時間が無くてこれ以上働けないなど様々な事情があり年収100万円未満の方も多いと思います。

 

 

しかし、ぎりぎりの収入で生活していると、予定外の出費が続いたり、生活費が足りなくて借り入れしたいと思っている方は多くいらっしゃると思います。現に今ご覧になっている方の大部分はカードローンでの借入れ検討している方でしょう。もし、大きな病気ひとつでもしたら、たちまち生活はパンクしてしまいますよね。

 

 

今すぐに借り入れしたい方はもちろん、万が一の為にもカードローンを持っておくと安心です。ただし、どうしてもネックになるのが、年収が100万円未満で審査に通るのかという問題ですよね。

 

 

安心してください。ズバリ、年収100万円未満の方におすすめしたいのは、パート・アルバイト・派遣社員の方も申込みできるカードローンです。パート、アルバイトの方も申し込み可能なカードローンは大手消費者金融カードローンでも多く存在します。

 

 

年収100万円未満の多くは、パート、アルバイト、派遣社員の方だと思います。そんなパート、アルバイト、派遣社員の方がカードローンの申込みを躊躇してしまったり、借りることを不安に思う一番の理由は「収入が低いこと」でしょう。

 

 

パート、アルバイト、派遣社員の方は、一般的に正社員よりも年収が低いので、カードローンでお金を借りることが出来ない、もし借りれたとしても返済出来るのか、と不安に思っているかもしれません。

 

 

年収100万円未満の方でも、収入と支出のバランスがよく、返済能力があると審査で判断されれば、カードローンの審査に通る可能性はあります。

 

 

また、毎月の返済も数千円からというカードローンがほとんどです。生活に負担なく返済していくことが出来るので安心してください。

 

 

年収が低くても借入れは可能!審査に通る大切な要素とは?

カードローンの審査において年収が高いことは当然有利になりますが、その他にも、カードローンの審査に通るための大切な要素は下記のとおりたくさんあります。年収が低くても心配しないてください。

 

 

逆に言うと、年収だけでなく、下記の要件を総合的に判断しているということが言えますので、年収が低くても審査に通る可能性はあるということです。

 

 

①勤務歴 

 

②他社の借入れ額

 

③返済能力有無

 

④安定継続した収入があるか  etc...

 

 

大切なのは、例え年収が100万円未満で一般的な所得より低くても、借入後に確実に返済していけるかどうか(返済能力)です。

 

 

収入と支出のバランスにおいて利用限度額が決まることが一般的です。年収が低ければ当然利用限度額は低くなるかもしれませんが、返済能力があると判断されれば借入れは可能です。

 

 

収入の多さももちろん重要で、収入が多ければ利用限度額も高くなるでしょう。ただし、借入れできるかどうかで一番大切なのは「安定継続した収入」です。

 

 

パート、アルバイト、派遣社員の方でも、毎月安定継続した収入を得ているなら借入れ可能です

 

 

おすすめのカードローンは、SMBCモビット、プロミスです。安心の大手カードローンを選びましょう。

 

 

SMBCモビット、プロミスの公式サイト上では、パート、アルバイト、派遣社員でも安定した収入があれば申込みが出来ると案内があります。

 

ただし、季節限定のリゾートバイトや期間限定の年賀状配達、お歳暮配達のアルバイトは安定した収入とはみなされませんので注意しましょう。

 

 

<SMBCモビットの申込み対象者>

年齢満20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方

 

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
※収入が年金のみの方は申込み不可

 

\申込みはコチラ/

SMBCモビット

最短即日融資も可能!パート・アルバイトの方も審査に通ったという口コミが多数みられます。スマホで借入れまでのすべての手続きが完結できる点も魅力です。

 

 

<プロミスの申込み対象者>

お申込みいただける方の条件は、年齢18歳~74歳のご本人に安定した収入のある方です。

 

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

 

\申込みはコチラ/

SMBCモビット同様に最短即日融資も可能なカードローン。カードローン業界でもトップクラスのスピード融資です。無利息期間にも対応しています。
※収入が年金のみの方は申込み不可
※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり

 

各社とも、パート・アルバイトでも申し込み可能なことがしっかりと明示されているので、借入出来るかも・・という安心感が湧いてきますよね。

 

 

また、両社ともスマホから簡単に申し込みが出来るので、通勤中でも休み時間中でも自分の好きな時間に簡単に申込みが可能です。

 

 

スマホが苦手な人でも、画面の案内通りに入力を進めていくだけなので心配はいりません。もし、審査に通るか心配な方は、お試し診断も用意されています。ぜひ試してみましょう。

 

<注目ポイント>

プロミスは2022年4月の成人年齢の引き下げに伴い、申込み年齢を20歳から18歳に引き下げました。もちろん、安定した収入があることが大前提ですが、既に社会人として働いて収入を得ている18歳以上の方、学生でもアルバイトで安定した収入を得ていれば申込みが可能になりました。ぜひ活用しましょう。
※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込み不可

 

また、2022年11月7日以降、申込対象年齢の上限が69歳から74歳に引き上げられました。この改定によって、これまで年齢が申込み条件に該当しなかった方も対象となる可能性が高くなりました。70歳~74歳の方はぜひこの機会に検討してみましょう。

 

ただし、年金収入のみの方は申込みができません。年金収入以外で安定した収入があることが必要となりますので注意しましょう。

 

年収200万円の方におすすめのカードローンは?

年収200万円を月収に換算すると、約16万円です。物価が安い地域だったり、学生で親からの援助がある場合は生活が成り立つかもしれませんが、この収入のみで生活をしているならなかなか厳しい収入です。

 

 

貯金や趣味に充てられるお金がないという方が多いと思います。ましてや、立て続けの出費、予期しない出費があるとお金が不足してしまうこともあるでしょう。年収100万円の方も、毎月安定した収入があれば申込みができるのと同様に、年収200万円の方もカードローンで借りることは十分に可能性があります。

 

 

年収200万円の方におすすめのカードローンは、SMBCモビットです。SMBCモビットは、パート、アルバイトの方も申込み可能で、正社員だけでなく、幅広い年収の方が借り入れ出来るカードローンです。

 

 

申込みから借り入れまでスマホのみで完結出来ることがメリットです。自宅にいながらでも通勤中でも24時間365日好きなときに簡単に申込み可能です。

 

 

実際にアルバイト、パートで審査に通って借入れができたという口コミは多数見られますので自信を持って申込みをしましょう。

 

\申込みはコチラ/

SMBCモビット

最短即日融資も可能!パート・アルバイトの方も審査に通ったという口コミが多数みられます。スマホで借入れまでのすべての手続きが完結できる点も魅力です。

 

短期返済をすれば利息も大きくはならない

SMBCモビットは、金利が3.0%~18.0%と、銀行カードローンよりは高い金利となります。

 

 

ただ、少額を借りた場合の利息負担はそれほど大きくはなりません。

 

 

10万円を金利18.0%で借りた場合、10日間の利息は493円です。30日(1か月)でも1,479円です。短期的な利用なら返済負担も少なく利用することが可能です

 

 

「借りたのはいいけど、返済出来るか心配・・」という方も安心してください。

 

 

年収300万円の方におすすめのカードローンは?

年収300万円は、月収に換算すると25万円です。20代でまだ社会人経験が浅い方はこのくらいの年収という方は多いのではないでしょうか。

 

 

ここから税金が引かれて、更には一人暮らしだと家賃や水光熱費の固定費がかかり、お給料だけでは足りない月もあるでしょう。

 

 

特に、都内や政令指定都市など物価が高い地域では、給料日前はいつも金欠で、給料日までどうやって生活しようかと毎月頭を悩ませている方もいると思います。

 

 

ましてや若い方だと、遊びたいという気持ちもあるでしょう。日々の生活費でいっぱいいっぱいでなかなか趣味や交際費までお金が回りませんよね。

 

 

そんなときは、カードローンやキャッシングで足りない分を一時的に工面することもひとつの方法です。カードローンやキャッシングは利用しなければ当然返済はありませんし、クレジットカードのように年会費もありません。

 

 

持っているだけなら利息も掛からないので、万が一のために用意しておくと、いざという時のために持っておくのもありです。

 

 

年収300万円の方におすすめしたいカードローンは、SMBCモビットと、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

 

\申込みはコチラ/

SMBCモビット

最短即日融資も可能!パート・アルバイトの方も審査に通ったという口コミが多数みられます。スマホで借入れまでのすべての手続きが完結できる点も魅力です。

 

\申込みはコチラ/

SMBCモビット同様に最短即日融資も可能なカードローン。カードローン業界でもトップクラスのスピード融資です。無利息期間にも対応しています。
※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり

 

両社ともSMBCグループであり、知名度も実績も、そして安心感も抜群です。安易に街中の金融会社で借りればいいやではなく、知名度や安心感を重視しましょう。

 

 

SMBCモビット、プロミスともそれぞれの特長がありますので、自分に最適な方を選んでみてください。

 

 

SMBCモビットの特長は以下の点が挙げられます。

 

・最短即日融資が可能

 

・土日祝日も即日融資可能

 

・スマホから簡単申込み(入力項目も他社に比べて少ない)

 

・借入れ後の使いやすさも抜群

 

・パート、アルバイトも申込みOK

 

特に、急ぎで借りたい方にオススメです。スピード重視で借りたいならSMBCモビット一択ですね

 

 

一方、プロミスの特長は以下の点が挙げられます。

 

・最短即日融資が可能

 

・土日祝日も即日融資可能

 

・初回利用日翌日から30日間利息が0円

 

・事業費にも利用可能

 

・パート、アルバイトも申込みOK

 

プロミスは初回利用日翌日から30日間の無利息期間があります。ポイントは「初回利用日」からという点でしょう。

 

 

カードローンによっては、「契約日」から30日間の無利息期間の場合もあるので、利用しなければ実質無利息期間は消失していきます。

 

 

プロミスの場合は、すぐに利用する予定がなくても、無利息期間を消失することがありません。

 

 

少しでも利息負担を減らしたいという方におすすめのカードローンです。

 

 

年収400万円の方におすすめのカードローン

年収400万円を月収にすると、約30万円です。20代後半から30代の方が多い層ではないでしょうか?

 

 

年齢的にも結婚をしたり、子供が生まれたりと、給料は上がってきたけどその分支出も増えている年代でしょう。

 

 

ましてや住宅ローンなどもあれば、生活するだけで大変ですよね。それでも、急な出費や義理事などに対応できる余裕は持っておきたいものです。

 

 

十分な貯えや貯蓄があればよいのですが、なかなかそうはいかないこともあるでしょう。その場合は、カードローンを作っておくと、いざという時にすぐ現金を用意することが出来ます。

 

 

使い道も使うタイミングも自由なカードローンは、様々な場面で重宝するはずです。おすすめなのは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。

 

\申込みはコチラ/

バンクイック(女性用)

メガバンクのカードローンで安心感が抜群です。金利が低いので、利息負担が少ないことを基準としたい方はバンクイックがおすすめです。

 

一般的に銀行カードローンは金利が低い分、審査が厳しいと言われていますが、年収400万円の方であれば十分審査に通る可能性が高いです。

 

 

年収500万円の方におすすめのカードローン

年収500万円は、月収に換算すると40万円程度です。サラリーマンの平均所得より高い年収となります。カードローンも、年収の高さを活かして金利の低い銀行カードローンを選びましょう。

 

 

金利が低い銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べて審査が厳しいと言われていますが、年収が500万円あれば審査にとおる可能性は高いです。

 

 

年収500万円の層は30代、40代が多いと思いますが、子供も教育費や住宅ローンなど、かかるお金も大きくなります。

 

 

給与や賞与だけでは賄いきれない時のために、カードローンを準備しておくとよいでしょう。

 

 

カードローンの利点は資金使途が自由なことです。上記で挙げた、教育費や住宅関係以外の急な出費にも対応できますし、クレジットカードのように年会費は掛かりませんので、持っておいて損はありません。

 

 

年収500万円の方には、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」をおすすめします。年収が500万円で、収入と支出のバランスがよければ、低金利で審査が厳しいと言われている銀行カードローンの審査にも期待ができると言えます。

 

 

スマホから申込み手続きが完結できるので、忙しい方にもピッタリです。

 

\申込みはコチラ/

バンクイック(女性用)

メガバンクのカードローンで安心感が抜群です。金利が低いので、利息負担が少ないことを基準としたい方はバンクイックがおすすめです。

 

年収1000万円以上の方におすすめのカードローンとは?

年収が1000万円以上あると言えども、収入の高さに応じて入るお金は大きくても出るお金も大きいと言われています。特に、管理職、部長職以上ともなれば社内外の付き合いなどでお小遣いだけじゃ足りないこともあるでしょう。

 

 

そんな方のために、利用限度額が大きく、金利も低いカードローンを紹介します。おすすめしたいのは三井住友カード カードローンです。特に金利が低く、他社カードローンよりも審査が厳しいと言われていますが、年収1000万円以上の方であれば、十分に審査に通る可能性があります。

 

カードローンの申込みに関するよくある質問【FAQ】

収入証明書は申込みの際に必ず提出する?

カードローンの審査で収入証明書を提出する必要があるのは、借入希望額が大きい時、または借入れ先から提出を求められた場合です。消費者金融の場合、貸金業法によって、50万円超の借入れのときは必ず収入証明書を提出することが義務付けられています。一方で、銀行カードローンは決まりがありませんが、貸金業法に倣って、利用限度額が50万円超の場合に収入証明書の提出を求められることが多いです。

 

年収が低いと消費者金融、年収が高いと銀行カードローンが良いの?

一般的に、金利が低い銀行カードローンは、消費者金融より審査が厳しいと言われています。消費者金融の審査通過率は、30%~40%の一方で、銀行カードローンは10%~30%ともいわれています。その為、年収が低い場合はより幅広い方に貸出しを行っている消費者金融、年収が高い場合は金利の低い銀行カードローンに申込みをする方が多くなっています。ただし、年収が高い方の場合でも、即日で借りたい場合は消費者金融を利用している方もたくさんいます。ケースバイケースで自身の利用目的に合ったカードローンを選ぶことが大切です。

 

銀行カードローンは在籍確認があるけど消費者金融は在籍確認がない?

消費者金融も、在籍確認を実施しています。プロミスアイフルSMBCモビットなどの大手消費者金融は、「電話連絡による在籍確認」を原則実施していないだけで、社会保険証等で勤務先に在籍していることを確認しています。ただし、職場への電話連絡による在籍確認をどうしても避けたい方は、プロミスやアイフル、SMBCモビットに申込みましょう。
*消費者金融の場合でも、審査状況により電話連絡による在籍確認を実施することもあり

 

(まとめ)年収別におすすめのカードローン

100万円から1000万円の年収まで、各年収毎におすすめのカードローンを紹介しました。消費者金融カードローンのカードローンと銀行カードローンの違い、金利の違い、審査の難易度の違いなど、すべてのカードローン毎にメリット、デメリットがあります。

 

 

総じて言えることは、年収別に合ったカードローンがあるので、しっかりと商品内容を理解し自分に適したカードローンを選ぶことが大切ということです。

 

 

契約後に後悔しても、契約を破棄することはできません。申込み前にしっかりとリサーチを行いましょう。

プロミスのカードローン

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短3分(土日可)

*平日21時までにWebでの契約手続き完了で当日中の振込が可能

*申込時間や審査により希望に添えない場合あり

SMBCモビット

SMBCモビット

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短30分(土日可)

*急ぎの方は申込後、コールセンターへ電話(21時まで)。原則24時間振り込み可能。*審査により希望に添えない場合あり

アイフル

アイフル

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短18分(土日可)

*審査受付時間内(9:00~21:00)に申し込み、所定の手続き完了で当日借入可能 *審査により希望に添えない場合あり

 

 

<当サイト掲載のカードローンについて>

アイフル、レディースアイフルについて

※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。

※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

■アイフルの貸付条件について

 

※【商号】アイフル株式会社【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率)【遅延損害金】20.0%(実質年率)【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査)【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)【担保・連帯保証人】不要

 

■プロミス、プロミスレディースについて

※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

 

■アコムについて

※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

当サイト、カードローンプラス(+)では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

 

<サイト管理人・執筆者プロフィール>

筆者

 

サイト管理人・執筆者名/K・N

 

丑年生まれの38歳です。自身も複数枚(三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローン)のカードローンを所持しており、利用歴は10年以上です。これまで利用してきた中で感じたカードローン・キャッシングのメリット、デメリットなど、確かな経験と知識、また利用者目線に立ったカードローン、キャッシングの様々な情報を紹介しています。また、大学新卒から約3年間某信用組合にて従事、住宅ローン、教育ローン、カードローンなどのセールス経験もあります。当サイトの記事は、口コミ・体験談を除き、すべて私が執筆しています。当サイトで、カードローン・キャッシングを検討している方の不安を解消できるような意義のあるサイト運営をしていきたいと考えています。

 

資格:ファイナンシャルプランナー3級、簿記3級

 

勤務実績:某地方にある信用組合で3年間勤務(カードローンの取扱い実績あり)。現在は教育事業(中間管理職)に従事しています。

*最終更新日:2023年3月4日

運営者情報とサイト運営理念はコチラ

コンテンツ制作ポリシーはコチラ

*当サイトの記事は無理な借入れを推奨していません。身の丈に合った利用、そして返済計画を立ててから借り入れを行いましょう。

 

【金融庁からの注意喚起について】

金融庁の借入れに関する注意喚起がされているページを紹介します。

■カードローン・借入れに関して

お金を借りる方、借りている方へ

金融庁からのお願い・注意喚起

18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~

違法な金融業者にご注意!

■後払い・給与ファクタリング・ファクタリングに関して

「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意ください!~いわゆる 後払い(ツケ払い)現金化 に要注意~

給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!

ファクタリングの利用に関する注意喚起

*金融庁HPへのリンクとなります。

 

<参考>

金融庁ウェブサイト

銀行法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)

貸金業法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)

日本貸金業協会

 


SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトはGMOグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されますので安心してご利用ください。