■pickup■

>【最新】おすすめカードローン一覧<

サイト最終更新日:2024年7月17日

※プロモーションを含みます。

SMBCモビットは20歳未満(18歳、19歳)でも借りられる?年齢制限は?

SMBCモビットでお金を借りたい方の中には、18歳、19歳の未成年者でも申し込みができるのか疑問に思っている方は多いと思います。実際、既に家庭を持っている方や社会に出て働いている方、学費を自分で工面している学生は、まとまったお金がどうしても必要となるケースもあるでしょう。

 

 

2022年4月より、新成人が18歳に引き下げられました。それによって、これまで20歳にならないとできなかったことが18歳からできるようになったことがたくさんあります。例えば、成人年齢の引き下げに伴い下記のことができるようになりました。

 

・親の同意がなくても契約ができる(携帯電話、ローン、クレジットカードの作成など)
・10年有効のパスポートを取得する
・結婚(女性の結婚可能年齢が16歳から18歳に引き上げられ、男女とも18歳に)
・公認会計士や司法書士、医師免許、薬剤師免許などの国家資格の取得

 

カードローンやキャッシングをはじめとするローンについても18歳以上から申込み、契約が可能となったものがあります。SMBCモビットも同様に20歳以上からの申込み年齢が18歳以上からと変更になったのでしょうか?

 

本記事では、大手消費者金融カードローンで人気のSMBCモビットが、20歳未満でも借りられるのか解説をします。新成人に該当する方で、SMBCモビットでお金を借りたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

\申込みはコチラ/

SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申込みに必要な書類 運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)
担保・保証人 不要

 

SMBCモビットの申込み対象者は?20歳未満でも申込み可能?

20歳未満でもSMBCモビットは借りることができるのか、まずは申込み対象者を確認してみましょう。

 

<SMBCモビットの申込み対象者>

年齢満20歳~74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)*年金収入のみの方は申込み不可

 

SMBCモビットは、2022年4月以降も上記の通り申込み対象者の年齢を「満20歳~74歳」としており、残念ながら18歳、19歳の方が借りることはできません。

 

 

ただし、学生でも20歳以上で毎月安定した収入があれば申込みは可能です。アルバイトでももちろん申込みが可能です。ですので、今現在19歳の方は20歳になるまで待つか、学生で20歳になっている方は申込みをしてみましょう。

 

 

ちなみに、同じ大手消費者金融カードローンのプロミスは18歳から申込みができるようになりました。一方でSMBCモビットはなぜ申し込みができないのでしょうか?これは各社の判断になりますので詳細はわかりませんが、社会的信用や経験がまだまだ乏しい18歳、19歳の方に貸すと、返済をすることが難しい方も多いだろうと、リスクが高いと判断したためと考えられます。

 

 

そのため、18歳~19歳の方がカードローンでお金を借りたいという場合には、SMBCモビット以外に申し込む必要があります。

 

<クレジットカードの申込み年齢は?>

ちなみに、クレジットカードは、18歳以上であれば申込みは可能(高校生は除く)です。ただし、返済が発生しますので、安定した収入があることが条件となります。各カード会社によって申込み条件は変わってきますので、よく確認し自分が申込み条件に合致することが必要です。

 

\プロミスの申込みはコチラ/

プロミスは2022年4月以降、申込み年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げました。毎月安定した収入を得ていれば、18歳から申込みが可能です。
※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。

 

18歳から借りられるおすすめのカードローンはプロミス

成人年齢の引き下げにより、大手消費者金融カードローンではプロミスが18歳から申込みが可能となりました。

 

 

プロミスは大手の消費者金融カードローンで、初めてカードローンを申し込む方に人気のカードローンです。プロミスは無利息期間がありお得に借りられますし、最短即日融資も可能です。

 

 

18歳、19歳のほとんどの方は、社会人として働き始めたばかりということが多いので審査はかなり難しいと考えられますが、毎月安定した収入を得ていて返済能力があると判断されれば融資を受けることができます。

 

 

申込みの前に、審査のポイントを下記に記載しておきますどういった点が審査で重要視されるのかあらかじめ確認しておくことが大切です。

 

 

ただし、18歳、19歳の方がカードローンの申し込みは慎重に判断をしましょう。例えば、家族に相談して助けてもらうこともできるかもしれません。収入、職業が安定しないうちに借り入れを行ってしまったり、返済計画を立てずにむやみに借り入れをすれば返済が滞ってしまう可能性もあります。

 

 

無理のない借入れなのか、よく考えてから申込みすることをおすすめします。

 

カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴は?

①収入に対して支出が多い

 

②年収の3分の1以上の借入を既にしている(※総量規制)

 

③収入が安定していない

 

④過去に延滞または金融事故を起こしている

審査の採点項目をクリアしている?

各社カードローンの具体的な採点基準は公開されていませんが、下記の主な採点項目が審査されます。18歳の方であれば独身、実家暮らしの方が多いと思いますが、目安として知っておきましょう。

 

勤務先、勤続年数、年収、勤務状況、年齢、家族構成、居住形態、居住年数、加入保険種別、電話区分

 

家族構成の採点:独身・家族同居 > 既婚・家族同居・子なし > 既婚・家族同居・子あり >  既婚・同居なし   >  独身・1人暮らし(※独身で家族と同居の方の採点評価は高くなると一般的に言われてます。)

 

勤務先が大手の会社で安定しているか、勤続年数は長いかなど審査項目は多岐に渡ります。

 

他社の借入れ状況も重要

他社の借入れ状況も審査には大きく影響します。総量規制の関係はもちろんですが、当然他社の借入れが少なければ少ない程審査には好印象です。18歳、19歳で既に他社からも借り入れがある場合、きちんと返済を続けていることが大前提となります。

 

借入れ件数:少ない程有利

 

借入れ期間:長い程信用がアップして有利

 

居住形態は持ち家が審査には好印象

居住形態は以下の順で審査には有利となります。

 

本人名義の持ち家>家族名義の持ち家>社宅>賃貸マンション・アパート>公営住宅

 

ただし、賃貸アパートや公営住宅だからといって審査には通らないわけではありません。そこまで気にしなくてもよいと考えられます。18歳、19歳であれば実家暮らしの方がほとんどでしょう。実家暮らしであれば家賃もなく、その分返済能力があると判断されます。居住形態はあまり気にしなくてよいでしょう。

 

雇用形態は正社員だと有利になる

雇用形態は、有期雇用よりも無期雇用が安定性があると判断され有利になります。正社員であればかなりポイントは高くなります。

 

正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト

 

いかがでしょうか?プロミスを含むカードローンの審査のポイントを解説しました。やはり、18歳・19歳の方が審査で重視されるのは収入面です。ほとんどの方がこれまでの借り入れ経験はないと考えられますので、他社ローンの返済実績はなく社会的信用もこれからという年代です。収入が多ければ多いほど、返済能力があると判断され、審査に有利となるでしょう。

 

 

<18歳、19歳が申し込む際は「収入証明書類」の提出が必須>

プロミスでは、18歳・19歳が申し込むにあたっては、収入証明書類(2か月分)の提出を必須としています。そのため、最低でも2ヵ月あるいは3ヵ月以上の勤務実績が必要となります。就職したばかり、アルバイトを始めたばかりの方はこの点に留意しましょう。

 

上記は、日本貸金業協会と金融庁がプロミスをはじめとする各金融業者に求めていることから実施されています。具体的には、20歳未満に貸付けをするときは、収入状況を示す「収入証明書類」の提出を求めることとしています。

 

 

成人になったとはいえ、ほとんどは社会に出て間もない方々ばかりです。安易にお金を借りることができないよう、返済能力をしっかりと確認することを必須としています。ちなみに、収入証明書類は、代表的には下記が挙げられます。

 

・源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
・支払調書(直近の期間に係るもの)
・給与の支払明細書(直近の2か月分以上(地方税額の記載があれば一か月分)のもの)
・確定申告書(直近の期間に係るもの)

 

スムーズに申込み手続きが完了できるよう、上記の書類を事前に用意しておくことをおすすめします。

 

20歳未満(18歳、19歳)から申し込みができる「プロミス」の商品概要

 

プロミス

 

最短3分での融資も可能!土日祝日も借入れOK! ※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり
実質年率 年4.5%~年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円~500万円
月々の返済額 2000円~
申込み対象者

年齢18歳以上、74歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込み可能
※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込できません。
※収入が年金のみの方は申込み不可

資金使途

生計費に限る。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限る)


<プロミスの即日融資の流れ>
①WEB申し込み

パソコンやスマホから必要事項を入力し、申し込みます。

 

②審査結果の通知

メールか電話の希望した方法で審査結果が通知されます。

 

③在籍確認の電話

勤務先に在籍確認の電話が掛かってきます。もし、勤務先への電話確認に抵抗がある場合は、ネットでの申込み後すぐコールセンターへ電話をしましょう。柔軟に対応してくれます。

 

④ネット上で契約手続き

在籍確認後、本契約手続きになります。本人確認書類のアップロードなどをおこないます。

 

⑤ローンカードの発行、または振込融資

自動契約機でローンカードを発行し、借り入れができます。または、ローンカード無しも選択できます。カード無しの場合は、振込融資です。振込融資は原則24時間振込可能です。

 

即日融資のポイント

振込融資は原則24時間振込可能です。

 

まとめ

本記事では、SMBCモビットは18歳になれば借りられるのかについて解説をしました。残念ながら、新成人の年齢引き下げ以降もSMBCモビットは20歳にならないと申込みをすることができませんが、同じ大手消費者金融カードローンのプロミスは18歳以上から申込みが可能となりました。

 

 

18歳、19歳の方が借りるには、しっかりと返済計画を立てることが最も大切なポイントとなります。もし、無理をして借りることになれば、その後の生活が大変になってしまう可能性もあります。申込みの際は、くれぐれも慎重な判断をもとに行いましょう。

 

プロミスのカードローン

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短3分(土日可)

*平日21時までにWebでの契約手続き完了で当日中の振込が可能

*申込時間や審査により希望に添えない場合あり

SMBCモビット

SMBCモビット

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短30分(土日可)

*急ぎの方は申込後、コールセンターへ電話(21時まで)。原則24時間振り込み可能。*審査により希望に添えない場合あり

アイフル

アイフル

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短18分(土日可)

*審査受付時間内(9:00~21:00)に申し込み、所定の手続き完了で当日借入可能 *審査により希望に添えない場合あり

 

 

<当サイト掲載のカードローンについて>

アイフル、レディースアイフルについて

※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。

※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

■アイフルの貸付条件について

 

※【商号】アイフル株式会社【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率)【遅延損害金】20.0%(実質年率)【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査)【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)【担保・連帯保証人】不要

 

■プロミス、プロミスレディースについて

※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

 

■アコムについて

※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

当サイト、カードローンプラス(+)では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

 

<サイト管理人・執筆者プロフィール>

 

サイト管理人・執筆者名 K

 

丑年生まれの39歳です。自身も複数枚(三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローン)のカードローンを所持しており、利用歴は10年以上です。これまで利用してきた中で感じたカードローン・キャッシングのメリット、デメリットなど、確かな経験と知識、また利用者目線に立ったカードローン、キャッシングの様々な情報を紹介しています。また、大学新卒から約3年間某信用組合にて従事、住宅ローン、教育ローン、カードローンなどのセールス経験もあります。当サイトの記事は、口コミ・体験談を除き、すべて私が執筆しています。当サイトで、カードローン・キャッシングを検討している方の不安を解消できるような意義のあるサイト運営をしていきたいと考えています。

 

資格:ファイナンシャルプランナー3級、簿記3級

 

勤務実績:某地方にある信用組合で3年間勤務(カードローンの取扱い実績あり)。現在は教育事業(中間管理職)に従事しています。

*最終更新日:2023年3月4日

運営者情報とサイト運営理念はコチラ

コンテンツ制作ポリシーはコチラ

*当サイトの記事は無理な借入れを推奨していません。身の丈に合った利用、そして返済計画を立ててから借り入れを行いましょう。

 

【金融庁からの注意喚起について】

金融庁の借入れに関する注意喚起がされているページを紹介します。

■カードローン・借入れに関して

お金を借りる方、借りている方へ

金融庁からのお願い・注意喚起

18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~

違法な金融業者にご注意!

■後払い・給与ファクタリング・ファクタリングに関して

「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意ください!~いわゆる 後払い(ツケ払い)現金化 に要注意~

給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!

ファクタリングの利用に関する注意喚起

*金融庁HPへのリンクとなります。

 

<参考>

金融庁ウェブサイト

銀行法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)

貸金業法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)

日本貸金業協会

 


SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトはGMOグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されますので安心してご利用ください。

 

商号:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

登録番号:関東財務局長(14)第00615号

貸付利率:4.5%~17.8%(実質年率)

遅延損害金:20.0%(実質年率)

融資額:500万円まで

契約額:お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が決定した金額

返済方式:残高スライド元利定額返済方式

返済期間・回数:最終借入後原則最長6年9か月/1~80回

担保・連帯保証人:不要

プロミスに関する記事はこちら

商号:アイフル株式会社

登録番号:近畿財務局長(14)第00218号

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)

遅延損害金:20.0%(実質年率)

契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)

返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)

担保・連帯保証人:不要

アイフルに関する記事はこちら

商号:アコム株式会社

登録番号:関東財務局長(14)第00022号

貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)

遅延損害金:20.0%(実質年率)

契約極度額:1万円~800万円

返済方式:定率リボルビング方式

返済期間・回数:最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回

担保・連帯保証人:不要

アコム関する記事はこちら

商号:三井住友カード株式会社

登録番号:近畿財務局長(14)第00209号

実質年率:3.00%~18.00%

遅延損害金:実質年率20.00%

(平年の場合、年365日の日割計算/うるう年の場合、年366日の日割計算)

商品限度額:利用限度額1万円~800万円

※利用限度額は利用状況に応じて最高800万円まで

返済方式:借入後残高スライド元利定額返済方式

返済回数および返済期間:最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10か月)

担保・連帯保証人:不要

SMBCモビットに関する記事はこちら