■pickup■

>【最新】おすすめカードローン一覧<

サイト最終更新日:2024年6月24日

※プロモーションを含みます。

教師・教員におすすめのカードローンは?公務員ならカードローンの審査に有利

先生にオススメのカードローン

本記事では、学校で教師・教員として働く方におすすめのカードローンを紹介します。

 

 

世間のイメージでは学校の先生は所得が高いと思われていますが、収入以上に支出がある場面もあります。付き合いや部活などの出費も手当がわずかで身銭を切って貢献しているという方も多いでしょう。

 

 

給料はもちろん、ボーナスも安定して支給されやすい教師・教員であればカードローンも選択肢が広がります。ぜひこの機会に検討してみましょう。

 

著者からのアドバイス

先生として働く方は、カードローンの審査でも大きな武器になります。私立学校で働く方はもちろん、公立の学校で働いている公務員であればより有利です。職場が安定的とみなされますので、貸し倒れのリスクが低いと判断され、審査に有利に働きます。

 

 

教師・教員におすすめしたいのはオリックス銀行カードローン

教師・教員として働く方におすすめしたいのは、消費者金融カードローンよりも低金利で借りられる銀行カードローンです。当サイトでは、数ある銀行カードローンの中でもネットバンクのオリックス銀行カードローンをおすすめします。

 

 

金利が低く、一般的に消費者金融よりも審査が厳しいと言われている銀行カードローンですが、学校の先生という安定性や年収なら審査に通る可能性は高いでしょう。

 

 

大手消費者金融カードローンの金利とオリックス銀行カードローンの金利を比較してみました。

 

■大手消費者金融カードローンの金利とオリックス銀行カードローンの金利の比較

カードローン 金利
オリックス銀行カードローン 年1.7%~14.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0% →上限金利が3.2%高い
プロミス 年4.5%~17.8% →上限金利が3%高い
アイフル 年3.0%~18.0% →上限金利が3.2%高い
アコム 年3.0%~18.0% →上限金利が3.2%高い

 

どの大手消費者金融カードローンと比較しても、3%以上の上限金利の差があることがわかります。長期的な借入れとなればばるほど利息負担は大きくなりますので、出来るだけ低いカードローンで借りることが返済負担を減らすポイントです。

 

 

また、私立学校で働く先生ももちろんですが、公務員なら更に審査は有利になります。カードローンの審査では、勤務先も含めて総合的に審査されますが、安定感のある公務員なら勤務先が倒産することはほぼ無いと判断されるので有利になるのです。

 

 

当然、年収が高いと言っても、収入と支出のバランスが審査では大切なポイントです。無理のない範囲での申込みを検討してください。

 

オリックス銀行カードローンの申込みの流れ

STEP1.申し込みフォームへの入力

オリックス銀行Webサイトから、申込みフォームに必要事項を入力します。


STEP2.受付メールの配信

申込みフォームに登録したEメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送信されます。Eメールが届いたらEメールアドレス確認用URLをクリックし受信確認を行います。Eメールアドレスの受信確認をすると、審査結果等の連絡をEメールで受け取ることができます。


STEP3.ローン審査の開始

オリックス銀行と保証会社の所定の審査を開始します。STEP2で登録したEメールアドレスを確定すればEメールで連絡を受け取ります。その他は、電話・書面で連絡されます。


STEP4.本人意思確認

希望の連絡先に電話が入ります。本人確認・申し込み内容確認および勤務先へ在籍確認がされます。


STEP5.ローンカード発行

ローンカードが発行され、数日間で自宅住所に届きます。


STEP6.必要書類の提出

STEP4完了後、登録のEメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送信されます。Eメールが届いたら必要書類アップロードURLをクリックし必要書類のアップロードを行います。


STEP7.契約完了→借入れ

最終審査と、必要書類の確認が終了すると契約完了です。ローンカード到着後から借入れ可能になります。また、指定口座への振込による借入れも可能です。

 

オリックス銀行カードローン

 

準備中(オリックス銀行カードローン)

金利 利用限度額
年1.7%~年14.8% 最高800万円
無利息期間 土日の借入れ
あり

■おすすめポイント
・無利息期間がありお得に借りられる

 

・働く女性におすすめ
・有名ネットバンクのカードローンで安心

 

 

【まとめ】教師・教員におすすめのカードローン

教師・教員はカードローンの審査にとても有利です。消費者金融カードローンに比べ審査が厳しいと言われている銀行カードローンの審査にも十分通る可能性はあるでしょう。

 

 

ちょっとお金が足りないときにカードローンを持っていれば、とても役に立ちます。利用しなくても年会費や手数料もかかりませんので、万が一の為にぜひ1枚持っておきましょう。

 

教師・教員がカードローンを借りる際によくある質問

公立と私立、どちらで働いている方が審査に有利?

同じステータスと仮定すれば、公立で働く公務員の方の方が安定性の面で審査に有利といわれています。

 

家族・職場にバレない?

自宅への郵送物や職場への在籍確認が不安なら、SMBCモビットをおすすめします。SMBCモビットのWEB完結申込みなら、原則として電話・書類手続きが発生しないため、電話による在籍確認なし、自宅への郵送物もなく、家族・職場バレに心配せず借りることができます。

 

返済負担が心配

オリックス銀行カードローンの毎月の返済額は、借入れ残高が10万円以内なら月々3000円からになります。少ない負担でお小遣いの範囲で返済していける額となります。

 

なぜ公務員はカードローンの審査に有利?

公務員がカードローンの審査に有利だと言われてる理由は以下が挙げられます。
・比較的年収が高い
・安定して給料を得ている
・勤続年数が長い場合が多い
・離職率が低い

 


プロミスのカードローン

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短3分(土日可)

*平日21時までにWebでの契約手続き完了で当日中の振込が可能

*申込時間や審査により希望に添えない場合あり

SMBCモビット

SMBCモビット

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短30分(土日可)

*急ぎの方は申込後、コールセンターへ電話(21時まで)。原則24時間振り込み可能。*審査により希望に添えない場合あり

アイフル

アイフル

郵送物受け取りなし

WEB完結

電話連絡 原則なし

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード

最短即日融資・審査時間最短18分(土日可)

*審査受付時間内(9:00~21:00)に申し込み、所定の手続き完了で当日借入可能 *審査により希望に添えない場合あり

 

 

<当サイト掲載のカードローンについて>

アイフル、レディースアイフルについて

※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。

※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

■アイフルの貸付条件について

 

※【商号】アイフル株式会社【登録番号】近畿財務局長(14)第00218号【貸付利率】3.0%~18.0%(実質年率)【遅延損害金】20.0%(実質年率)【契約限度額または貸付金額】800万円以内(要審査)【返済方式】借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式【返済期間・回数】借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)【担保・連帯保証人】不要

 

■プロミス、プロミスレディースについて

※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

 

■アコムについて

※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

当サイト、カードローンプラス(+)では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

 

<サイト管理人・執筆者プロフィール>

筆者

 

サイト管理人・執筆者名/K・N

 

丑年生まれの38歳です。自身も複数枚(三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローン)のカードローンを所持しており、利用歴は10年以上です。これまで利用してきた中で感じたカードローン・キャッシングのメリット、デメリットなど、確かな経験と知識、また利用者目線に立ったカードローン、キャッシングの様々な情報を紹介しています。また、大学新卒から約3年間某信用組合にて従事、住宅ローン、教育ローン、カードローンなどのセールス経験もあります。当サイトの記事は、口コミ・体験談を除き、すべて私が執筆しています。当サイトで、カードローン・キャッシングを検討している方の不安を解消できるような意義のあるサイト運営をしていきたいと考えています。

 

資格:ファイナンシャルプランナー3級、簿記3級

 

勤務実績:某地方にある信用組合で3年間勤務(カードローンの取扱い実績あり)。現在は教育事業(中間管理職)に従事しています。

*最終更新日:2023年3月4日

運営者情報とサイト運営理念はコチラ

コンテンツ制作ポリシーはコチラ

*当サイトの記事は無理な借入れを推奨していません。身の丈に合った利用、そして返済計画を立ててから借り入れを行いましょう。

 

【金融庁からの注意喚起について】

金融庁の借入れに関する注意喚起がされているページを紹介します。

■カードローン・借入れに関して

お金を借りる方、借りている方へ

金融庁からのお願い・注意喚起

18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~

違法な金融業者にご注意!

■後払い・給与ファクタリング・ファクタリングに関して

「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意ください!~いわゆる 後払い(ツケ払い)現金化 に要注意~

給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!

ファクタリングの利用に関する注意喚起

*金融庁HPへのリンクとなります。

 

<参考>

金融庁ウェブサイト

銀行法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)

貸金業法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)

日本貸金業協会

 


SSL グローバルサインのサイトシール

当サイトはGMOグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されますので安心してご利用ください。