じぶん銀行カードローン体験談【38歳男性】交際費

職業

年収

雇用形態

勤続年数

会社員

350万円

正社員

9年6か月

利用限度額

借入時期

借入理由

金利

100万円

2016年4月〜

交際費

12.5%

私は今年の4月にじぶん銀行カードローンの利用を開始しました。開始した理由は主に交際費です。私の会社では月に1回必ず飲み会があるのと、オンシーズンは隔月に1回ゴルフコンペが開催されます。

 

 

正直あまり参加したくないのですが、勤務先が本社ということもあり社長を筆頭とした経営層の圧力でどうしても参加せざるを得ません。経営層は高給取りなので、飲み会だろうがコンペだろうが出費は痛くも痒くもないでしょうが、薄給の私は家のローンや車のローンを払うだけでも家計は火の車で、飲み会やコンペなどの費用はお小遣いだけでは払いきれませんでした。

 

 

それくらいならいっそ転職を考えたこともありましたが、年齢的にも転職は厳しいと思いとどまり現在に至ります。私の上司も嫌々ながら飲み会やコンペに参加しており、あるとき上司から飲み会費用が厳しい給料日前はカードローンを利用しているという話を聞きました。

 

 

私はカードローンに対して抵抗感があったのですが、毎回妻に費用の相談をするのも心苦しく、ゴルフコンペのオフシーズンに返済するという算段で自分もカードローンがあった方が便利かもしれないと考えて、カードローン会社を調べました。

 

 

調べた結果、自分がauのスマートホンを使っている為、auユーザーが安い金利で借りられるじぶん銀行のカードローンに申込みをすることにしました。

 

 

じぶん銀行への申し込みはネットから仮審査を申し込みましたが、その時登録した会社の電話番号に在籍確認の電話が掛かってきたので驚きました。しかもその場で私の個人情報の確認をしようとしたので後で掛け直したいと言ってその場を凌ぎました。

 

 

電話を掛け直して本人確認が終わったあとはスムーズに手続きは進みました。当初借入限度額は50万円で申し込んだのですが、オペレーターの方から100万円まで限度額を上げれるのでその方が金利が安くなるという説明を聞いて限度額を100万円に設定しました。

 

 

また、私が心配していたau特別金利の件も0.5%の優遇処置が間違いないことを確認して安心しました。じぶん銀行は毎月の返済ではなく35日単位の返済区切りである為、返済計画も余裕を持って行えることも手続きの中で知りました。

 

 

もちろん早めの返済であれば利息を安くすることも可能です。利便性の良さなどメリットが多いカードローンですが、しいてデメリットを上げるとするならネット返済ができないということぐらいです。

 

 

無事契約が終わって私はカードローンを利用し始めました。じぶん銀行を実際に使い始めて感心したのが提携コンビニのATM手数料が無料だということです。

 

 

カードローン会社によっては返済ですら手数料が掛かる会社もあるので多くのコンビニや郵便局のATM手数料が無料なのは本当に助かります。そろそろゴルフコンペのオフシーズンになるのでしっかり返済していきたいと思います。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス