auじぶん銀行カードローンの体験談・口コミ紹介【審査や評判は?】

<注意喚起!>
コロナウイルスに起因した経済不況からくる人々の不安を利用し、「すぐに稼げる」「誰でも楽に稼げる」などを巧みに謳い、カードローンやキャッシングを利用させて高額な詐欺情報商材を販売するケースが急増しています。すべての情報商材が詐欺ではもちろんありませんが、注意しましょう。

auじぶん銀行カードローンの口コミ【33歳男性】他社カードローンの借換え

職業

年収

雇用形態

勤続年数

会社員

600万円

正社員

10年

利用限度額

借入時期

借入理由

金利

200万円

2017年5月

借り換え

9.0%

 

auじぶん銀行カードローンを選んだ理由

 

消費者金融会社を利用しており、その借入れ額は200万円でした。金利は14.8%で毎月の返済も50000円とかなりきつい状態でした。元金がなかなか減らないので頭を抱えていました。

 

もっと金利の低いカードローンを探したときに、ネットでauじぶん銀行カードローンを見つけました。

 

借り換えも可能で、auユーザーなら金利が優遇されるので、私にピッタリのカードローンだと思いました。

 

無事に審査がとおり、金利も9.0%になりました。毎月の返済額も最低20000円となり、負担は大分軽くなりました。ただ、早く完済したいので少し頑張って毎月30000円で返済しています。

 

余裕があるときには、すぐにコンビニで返済できるのも嬉しいです。

 

 

auじぶん銀行カードローンを利用してみての感想。メリット、デメリットは?

 

金利も低くなり、毎月の負担も軽くなったので大満足です。金額が大きかったので審査に通るか不安でしたが、年収が平均以上だったので審査が通ったと思います。

 

また、契約の際に返済日が自由に選べることもメリットだと思います。今までは給料日と返済日が離れていて管理が大変でしたが、給料日の次の日に設定したことで、管理が楽になりました。

 

 

auじぶん銀行カードローンをこれから申し込む方に向けてのメッセージ

 

借り換えを考えているならauじぶん銀行カードローンをおすすめしたいです。特に、消費者金融で借りている方は借り換えすることによって利息が全然違います。

 

毎月の負担も軽くなるし、何よりも元金が減っていることが実感できます。少しでも早く借り換えを実行して完済を目指していきましょう。

 

 

<関連記事>

提携企業一覧

 

ジャパンネット銀行カードローン

 

ジャパンネット銀行

金利 年1.59%〜18.0%
最高限度額 1,000万円
オススメポイント 安心の銀行カードローン!さらにはじめてなら30日間利息0円!
ジャパンネット銀行カードローン

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット

金利 実質年率3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
オススメポイント スマホのみで申込みから借入まで完結!当サイト申込数1


 

プロミス

 

借入利率 実質年率4.5%〜17.8%
融資額 500万円まで
オススメポイント 即日融資も可能!借入までの速さは業界トップクラス!


 

レイクALSA

 

undefined
貸付利率 4.5%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円


 

アコム

 

融資額 1万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜18.0%
オススメポイント 審査回答は最短30分!無利息期間もあり


 

アイフル

 

アイフル

金利 3.0%〜18.0%
融資額 1万円〜800万円まで
ポイント はじめての方なら最大30日間利息0円!

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行

金利 1.7%〜17.8%
利用限度額 最高800万円
オススメポイント 業界最低水準の月々3,000円からの返済(※借入残高10万円以下の場合)


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

<参考>
金融庁ウェブサイト