auじぶん銀行カードローンの体験談・口コミ紹介【審査や評判は?】

<注意喚起!>
コロナウイルスに起因した経済不況からくる人々の不安を利用し、「すぐに稼げる」「誰でも楽に稼げる」などを巧みに謳い、カードローンやキャッシングを利用させて高額な詐欺情報商材を販売するケースが急増しています。すべての情報商材が詐欺ではもちろんありませんが、注意しましょう。

auじぶん銀行カードローンの口コミ【25歳男性】飲み会ラッシュ

職業

年収

雇用形態

勤続年数

会社員

330万円

正社員

2年

利用限度額

借入時期

借入理由

金利

30万円

2017年4月

飲み会の費用

17.4%

 

auじぶん銀行カードローンを選んだ理由

 

数あるカードローンの中からauじぶん銀行カードローンを選んだのは、auを使っているからです。

 

auユーザーだと金利が優遇されます。ちなみに自分は0.1%優遇されて17.4%の金利でした。

 

たかが0.1%と思うかもしれませんが、消費者金融の18.0%よりもともと低いし、更に0.1%優遇と言われるとお得に感じました。

 

また、コンビニ銀行をよく使うのでATM手数料が掛からないという点も高ポイントでした。よくDMでauじぶん銀行カードローンの存在は知っていたので、カードローンに申込むならじぶん銀行にしようと考えていました。

 

 

auじぶん銀行カードローンを利用してみての感想。メリット、デメリットは?

 

利用限度額は30万円と高い方ではありませんが、飲み会が立て続けにあるようなときはとても助かっています。

 

借入れも返済も近くのコンビニ銀行で手数料無料だし、人目を気にすることもないです。

 

いずれはボーナスをうまく使って完済して、本当にピンチのとき以外は使わないようにと考えています。ただ、いざという時のために解約はしないでおこうと思っています。

 

 

auじぶん銀行カードローンをこれから申し込む方に向けてのメッセージ

 

他の銀行カードローンに比べたら低い金利とは言えないかもしれません。ただし、消費者金融よりは金利が低いですし、auユーザーなら金利が優遇されます。

 

利便性やATM手数料がいつでも何回でも無料なことを考えると、総合的には高いスペックを誇るカードローンかと思います。

 

スマホから簡単に申し込めるのでぜひおすすめしたいと思います。

 

 

<関連記事>

提携企業一覧

 

ジャパンネット銀行カードローン

 

ジャパンネット銀行

金利 年1.59%〜18.0%
最高限度額 1,000万円
オススメポイント 安心の銀行カードローン!さらにはじめてなら30日間利息0円!
ジャパンネット銀行カードローン

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット

金利 実質年率3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
オススメポイント スマホのみで申込みから借入まで完結!当サイト申込数1


 

プロミス

 

借入利率 実質年率4.5%〜17.8%
融資額 500万円まで
オススメポイント 即日融資も可能!借入までの速さは業界トップクラス!


 

レイクALSA

 

undefined
貸付利率 4.5%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円


 

アコム

 

融資額 1万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜18.0%
オススメポイント 審査回答は最短30分!無利息期間もあり


 

アイフル

 

アイフル

金利 3.0%〜18.0%
融資額 1万円〜800万円まで
ポイント はじめての方なら最大30日間利息0円!

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行

金利 1.7%〜17.8%
利用限度額 最高800万円
オススメポイント 業界最低水準の月々3,000円からの返済(※借入残高10万円以下の場合)


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

<参考>
金融庁ウェブサイト