三菱UFJ銀行バンクイックの口コミ【51歳男性】万が一の備えに

 

職業

年収

雇用形態

勤続年数

技術職

600万円

正社員

3年

利用限度額

借入時期

借入理由

金利

100万円

2017年1月

万が一の備え

14.6%

バンクイックを利用してみての感想は?メリット、デメリット?

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の口コミを書かせていただきます。元々、消費者金融のアコムのカードローンを利用していたのですが、さらに金利の安いカードローンは無いかネットで調べていたところ、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックにたどり着きました。

 

 

アコムのカードローンよりは金利が低そうだったものの、他の銀行系のカードローンと比較しても特に違いはないように感じましたが、もともとずっと利用している銀行が UFJ銀行で、給料の振込先や家賃、光熱費、メインカードの引き落としなどすべてUFJ銀行の口座だったので、もしかしたら審査など有利に働くのかもしれないと思って申し込んでみることにしました。

 

 

最初に申し込みをした時には利用限度額が50万円で設定されてしまったため、金利が14.6%だったと思います。

 

 

その時にアコムは枠が176万円に設定されていて金利が13.8%でアコムの方が低かったので、一度50万円借りたものの2ヶ月ほどで返済してしまいました。

 

 

するとそれから3ヶ月ほどしてUFJの方から電話があって、枠を増やすことができますと言うことで100万円となりました。結果、金利も13.6%となり、アコムより安くなったので全額バンクイックに借り換えました。

 

 

バンクイックはアコムと提携しているようなので、もしかしたらバンクイックでも枠が170万円以上にできるのかと思って、100万円目一杯借りている状態で枠の拡大を電話で申し込んでみましたが、収入証明書の提出すら言われないままに見事に審査が通らず枠は広げられませんでした。

 

 

バンクイックは、消費者金融のカードローンよりは金利が低いですが、こちらから申し込んでもよほど経済状態が安泰でなければ、枠の拡大は難しいみたいです。

 

 

バンクイックをこれから申し込む方に向けてのメッセージ

これから、カードローンを申し込もうと思っている方であれば、やはり消費者金融のカードローンよりは銀行系のカードローンの方が金利が低いのでお得と言えるでしょう。

 

 

そして、返済の手軽さを考えるならやはり普段メインにしている銀行のカードローンを利用するのが便利だと思います。

 

 

しかし、あくまでも私の経験での話ですが、消費者金融系は規制があって年収の1/3までしか借りることが出来ません。対して銀行系カードローンはその自主規制がなく、最大500万円までとうたっています。

 

 

しかし、実際のところは収入証明を提出してくださいという申し出すらない状態で利用限度額は100万円に限定されてしまっていますので、どういう根拠でそれが決まっているのかわかりません。

 

 

もう数年利用して返済して信頼がつくともしかしたら徐々に枠が増えていくのかもしれませんが、一度に数百万円以上の利用限度額にしたい場合には、年収にもよりますが消費者金融系のほうが融通がきくのかもしれません。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る