三井住友銀行カードローン体験談【42歳男性】旅行費用

<注意喚起!>
コロナウイルスに起因した経済不況からくる人々の不安を利用し、「すぐに稼げる」「誰でも楽に稼げる」などを巧みに謳い、カードローンやキャッシングを利用させて高額な詐欺情報商材を販売するケースが急増しています。すべての情報商材が詐欺ではもちろんありませんが、注意しましょう。

【PR】3分でわかる!SMBCモビットがオススメな11の理由。土日祝日も即日融資可能

三井住友銀行カードローン体験談【42歳男性】旅行費用

 

職業

年収

雇用形態

勤続年数

会社員

900万円

正社員

15年

利用限度額

借入時期

借入理由

金利

800万円

2013年

旅行費用

4.0%

家族旅行に行こうと思った際に、現金が手元になかったので翌月の給与で返済するつもりで三井住友銀行カードローンを申込みました。

 

 

もともと、三井住友銀行に口座を持っていたので、店頭窓口で即日審査OKというメリットもあって三井住友カードローンを契約しました。借入額が20万円で翌月返済となれば、多少の金利の差は関係なく、とにかく借り入れできるATMが近隣にあり返済も行いやすいという点で三井住友カードローンを選択しました。

 

 

事前にいろいろ調べましたが、正直なところネットバンク系カードローンのほうが金利は低かったのですが、銀行系に関してはほぼ横並びということもあり三井住友銀行にしました。もし、今後大きな金額を借りたり、返済に数か月を要する場合にはこの金利の部分は考える必要があると思います。

 

 

三井住友銀行カードローンを利用するメリットがある方は、やはり私のように口座を持っている方だと思います。口座がなければ、返済方法がATMでの返済か振り込みに限られてしまいます。さらに返済手数料も利用者負担になります。

 

 

口座を持っていないと、インターネットバンキング、口座引き落としでの返済、ホームページでの借入状況確認などもできないというデメリットがあります。

 

私の場合は店頭で申し込み、審査の結果はメールでした。数日後、ローンカードが届いたので、提携ATMで手数料無料で20万円の借り入れを行い、翌月に一括返済しました。

 

 

4.0%という低金利で、翌月に返済するめどが立っているならまた活用する機会はあるかなと思います。

 

 

<関連記事>

提携企業一覧【公式サイト】

 

ジャパンネット銀行カードローン

 

ジャパンネット銀行

金利 年1.59%〜18.0%
最高限度額 1,000万円
オススメポイント 安心の銀行カードローン!さらにはじめてなら30日間利息0円!
ジャパンネット銀行カードローン

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット

金利 実質年率3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
オススメポイント スマホのみで申込みから借入まで完結!当サイト申込数1


 

プロミス

 

借入利率 実質年率4.5%〜17.8%
融資額 500万円まで
オススメポイント 即日融資も可能!借入までの速さは業界トップクラス!


 

レイクALSA

 

undefined
貸付利率 4.5%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円


 

アコム

 

融資額 1万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜18.0%
オススメポイント 審査回答は最短30分!無利息期間もあり


 

アイフル

 

アイフル

金利 3.0%〜18.0%
融資額 1万円〜800万円まで
ポイント はじめての方なら最大30日間利息0円!

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行

金利 1.7%〜17.8%
利用限度額 最高800万円
オススメポイント 業界最低水準の月々3,000円からの返済(※借入残高10万円以下の場合)


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

<参考>
金融庁ウェブサイト