三井住友銀行カードローンの口コミ【44歳男性】教育資金

 

職業

年収

雇用形態

勤続年数

会社員

800万円

正社員

11年

利用限度額

借入時期

借入理由

金利

50万円

2016年5月

教育資金

12.0%

三井住友銀行カードローンを利用してみての感想

初めてのカードローン申込でしたが、給与振込先として長年利用していた三井住友銀行のカードローンを限度額50万円で契約できました。

 

 

申込は三井住友銀行ATMコーナーに設置してあるローン契約機から行いましたが、利用限度額が50万円ということもあり、宣伝通りの迅速な流れでした。審査時間は30分前後で申し込みから契約まで1時間前後というものでした。

 

 

また、契約完了後にはローン契約機からそのままカードを取得できますので、併設してある銀行ATMを利用すればすぐに融資を受けることができます。

 

 

三井住友銀行カードローンのメリットとしては、子会社であるプロミスが保証会社をしているところからくる利便性の高さです。審査時間が最短30分前後でローン契約機から申込めば即日融資も可能です。

 

 

もちろん、webや電話で申し込んでもローン契約機からカードを取得すればすぐに融資を受けられます。

 

 

このローン契約機は全国に1400台前後が設置されており業界トップの設置台数となります。また、利用できるATMも三井住友銀行はもちろん、セブン銀行、ゆうちょ銀行、ローソンATM、E-netが手数料無料で利用可能です。非常に利便性の高いカードローンでしかも低金利です。

 

 

ただし、低金利とは言っても、それは消費者金融と比較した場合の話で最大金利は14.5%となります。普通に考えれば決して低金利とは言えないので利用は計画的に行いましょう。

 

 

さらに、消費者金融のような振込サービスは提供されていませんので、webから申込んでいる場合には、振込による即日融資は受けられませんので注意が必要です。

 

 

三井住友銀行カードローンを申し込む方に向けてのメッセージ

気になるのはどのくらい金利が低いのかということですが、適用金利は4.0%から14.5%となっており利用限度額によって金利が決まります。

 

 

従って、借入限度額が大きい場合には低金利の適用を受けられますが、多くの利用者の場合には最初は50万円までの限度額となりますので、その場合には最大金利の14.5%が適用されます。

 

 

この金利を高いと考えるかどうかは状況によると思いますが、1〜2か月などの短期間利用のケースでは、無利息サービスのついている消費者金融のほうが低い金利となる場合もあります。

 

 

ただし、利便性については、振込サービスがないということを除けば言うことなしで、万が一の場合に備えて1枚作っておくカードローンとしてはおすすめの商品となります。

 

 

何といっても、安心のメガバンク系のカードローンですし、その割には審査も自動化されており短時間で結果が分かります。審査は、グループ子会社のプロミスが担当していますので、プロミスの審査同様に最短30分前後で完了スピードもおすすめした点ですね。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス