三井住友銀行カードローンでのおまとめ体験談

性別

年齢

年収

勤続年数

雇用形態

男性

27歳

320万円

2年2ヵ月

正社員

利用限度額

借入時期

金利

カードローン会社

100万円

2016年

12%

三井住友銀行カードローン

 

社会人になってから、クレジットカードで買物をする機会が増え気がつけばカード2枚が上限額に到達してしまいました。リボ払いで、合わせて50万ほどの借金に膨れ上がっていました。

 

 

しかも毎月の返済額と同額を使ってしまうため、常に上限に張り付いている状態です。支払いに遅れて督促がくることもしばしばでした。そんな状況が1年ほど続き、自分の将来への不安から一念発起して完済を目指すことにしました。完済を目指すにあたり、金利を下げることを考えておまとめローンを利用することにしました。

 

 

カードローンは色々なところで利用することができますが、私は三井住友銀行カードローンを利用しています。これは、普段メインの銀行として利用していることと、スマートフォンのネットバンキングでも返済ができることからハンドリングが容易と考えたためです。

 

 

早速申込をすると、即日で融資を受けることができました。実際に利用してみてよかった点を挙げてみます。

 

 

金利が下がったことが最も大きい利点でした。リボ払いの金利が15%だったのに対して、三井住友銀行カードローンの金利は12%です。50万円という数字で、3%という差はとても大きいですよね。これだけでも完済がぐっと近づいた気がします。

 

金銭管理ができるようになりました。クレジットカードは引き落とし日がバラバラで、お金の管理がしにくいのが悩みでした。しかし、ローンをまとめてからはお金の流れが把握しやすくなり、格段に管理がしやすくなったと思います。

 

 

生きていると何が起こるか分からないもの。突然の出費が重なってしまい、金銭的に余裕がない月も出てくるかもしれません。そんな時でも、支払額の調製を行うことができます。

 

 

クレジットカードであれば支払額変更の手続きは期日があったりして色々と面倒です。しかし、三井住友銀行カードローンは支払日までに自分で振り込みをする方式なので、最低支払額以上であれば自由に調整することができます。お支払いはネットバンキングがおすすめです。

 

初めてカードローンに申し込みをするため非常に不安でした。しかしオペレータの方は、こちらが内容について理解できるまで懇切丁寧に説明をしてくれます。些細な事でも質問をしてみると良いかもしれません。

 

 

以上、良い点を挙げてきました。初めてカードローンを使ってみて、意外と簡単に借りることができるのだと感じました。ただこれはデメリットでもあります。お金を借りることがクセにならないように気をつけながら、完済を目指したいと思います。

 

 

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス