1年間で最もお金のやりくりに困る月は?実は意外な月が金欠!?

お金のやりくりに困る月

 

本記事では、1年間で最もお金のやりくりに困る月を紹介します、意外にも収入が多いであろう月が最も金欠という結果が出ています。反面教師としてご覧ください。

 

 

最も金欠が多い月は12月!収入も多いが支出も多い!

一般の方に調査をしたところ、12月が1年間で最もお金のやりくりに困る月だという結果が出ています。

 

 

12月と言えば、年末調整で給料が他の月より多かったり、待ちに待った冬のボーナスが入る月なので意外ですよね。

 

 

その要因としては、ボーナス前で気が大きくなり手元のお金を使い過ぎてしまうこと、クリスマス、車検、年末年始のお土産、お年玉の準備など、何かと入用なことが多い月だからだそうです。

 

 

その他にも、忘年会や、お正月のセール、帰省に伴う交通費など出費を挙げたらきりがないほどです。

 

 

ちなみに、ボーナス前に金欠になってしまう人が多いようで、その割合は約3割に及びます。

 

 

「ボーナスを予定して旅行や買い物をした」「ボーナスによる入金があると分かっていたため、無駄に浪費してしまった」など、急な出費に加えて、ボーナスを見越して使いすぎてしまったという理由が多いようです。

 

 

ボーナスでお金が入るからと羽振りよく使い過ぎると苦労をすることがわかりますね。12月は収入が多いですが、他の月に比べて段違いに支出も多い月です。

 

 

12月は支出を見越して計画的に使うことが必要な月でしょう。

 

 

金欠のときはどうやってお金を工面する!?

お金の工面

 

 

では、金欠になってしまった人はどうやって乗り切っているのでしょうか。

 

 

一番多かった方法は、「親に借りる」「持ち物を売る」という方法です。一番身近でお金の相談が出来るのは親だという人が大半だと思いますので納得の結果ですね。

 

 

また、今はスマホのフリマアプリで不用品を簡単に売ることができるため、持ち物を売ってお金を得る人が多いようです。

 

 

他には、「入金の早い副業を行う」という現実的な方法を取る人も多いようです。働ければ確実にお金が入る労働は、最も現実的な方法ですね。昨今の働き方改革の一環で、副業を解禁している企業も増えているのも影響していると思われます。

 

 

番外としては、「クレジットカードのキャッシング」「銀行系のカードローンを利用する」という回答もみられました。

 

 

ただし、お金は手に入ってもあくまでも借金です。いずれは返さなければいけませんので、計画的に利用することが必須のお金の工面の仕方です。

 

 

いずれにしても、金欠にならないよう計画的にお金を使うのが一番です。12月だけでなく、日頃からそんな習慣をつけていきたいですね。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る