2018年1月以降は銀行カードローンの即日融資が実質不可能になる

 

2018年1月からは銀行カードローンの即日融資が実質不可能になるようです。その理由は以下のとおりです。

 

 

暴力団などの反社会的勢力に対する融資防止するため

 

 

以前から、銀行は反社会的勢力に対してのチェックを行っており、普通預金口座の開設を断るなどをしています。今回は警察庁の要請も強いようです。

 

 

銀行は、審査の際に警察庁の反社データベースに接続し、反社DBを照会することになりました。この照会に対する回答が翌営業日となるため、実質即日融資が不可能となるのです。

 

 

審査のスピード、即日融資を売りにしていた銀行にとっては痛手ですが、反社会的勢力への融資防止のために2018年1月より反社DBが稼働されます。

 

 

ちなみに、カードローンの審査だけでなく、フリーローンや自動車ローン、住宅ローンなど個人向けローンの全てが対象となります。

 

 

すぐに借りたい、当日中に何とかしてお金を用意しなければいけない方にとっては不利になるかもしれません。ただし、この反社DBへの照会は消費者金融会社には適用されません

 

 

なので、即日融資を希望する方は消費者金融会社に流れると予想されます。総量規制により一時期は消費者金融会社は厳しい時代がありましたが、今回の適用によって状況が変わるかもしれません。

 

 

今は銀行カードローンの過剰融資が問題となっており、金融庁がメガバンクに立ち入り検査をするなど、カードローン業界はめまぐるしく動いています。カードローン自体が無くなることはないでしょうが、計画的に借入れ、返済することが今後も周知徹底されていくことが予想されます。

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス