銀行カードローンの過剰融資の調査を受けて3大銀行が年収上限を設ける

 

メガバンクである三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3社が、カードローンの融資額に上限を設けたことが判明しました。

 

 

融資上限は年収の3分の1や2分の1までとし、あくまでも自主的な導入ということです。

 

 

これによって過剰融資の抑制にどれだけの効果があるかは未知数ですが、明確な基準が加わったことで、審査に影響があることは確かでしょう。

 

 

それぞれの3銀行の年収による借入れの上限ですが、今のところ明らかになってはいないようです。

 

 

もし、これから三菱UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンに申込んで審査に落ちたとすると、年収による上限に掛かった可能性も考えられますね。

 

 

今回はあくまで自主的な上限の導入ですが、今後貸金業法の中で銀行カードローンの総量規制が制定される動きとなるのか今後に注目です。

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る