おまとめ・借り換えのメリット・デメリットとおすすめのカードローン

カードローンによる、おまとめ・借り換えの仕方について説明します。

 

特に、

@数社の借入れがあり、毎月の返済が大変

A返済日がバラバラで管理が大変

B早く完済したい

C支払い利息を減らしたい

 

上記に当てはまる方はぜひおまとめ、借り換えを検討してみましょう。負担が楽になる可能性があります。

 

ちなみに、おまとめは複数のローンを1本化すること借り換えは現在借入れしているローン会社から別のローン会社に乗り換えることを指します。

 

 

複数のローンをおまとめ・借り換えするメリット

まずは、おまとめ・借換えするメリットを紹介します。メリットは以下が挙げられます。

 

1:毎月の返済額が軽減できる

2:返済日の管理が楽になる

3:金利負担が軽くなる

 

上記の3つがメリットです。
ただし、1と3に関しては、あくまでも軽減できる可能性があるということなので、必ず負担が軽減できるということではありません。

 

現在の借入れ状況や金利によっては逆に負担が大きくなることもあるので、シュミレーションを必ずおこなった上で申し込むようにしましょう。

 

借り換えのシュミレーションは全国銀行協会のサイトで簡単にできます。

 

ローン借り換えシュミレーション

 

また、返済日の管理が楽になることも大きなメリットです。返済日が、5日・15日・25日とバラバラだったらかなり大変ですよね・・・しかも給料日はほとんどが月1回です。数社から借入れをしている方は、「給料日のすぐ後に返済できれば物凄く楽になるのに」という経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 

おまとめをして返済日が月1回になれば、返済日にお金が無いということもなくなります。

 

 

複数のローンをおまとめ、借り換えするデメリット

おまとめ・借換えをすると、メリットだらけに思えますが、借入れ状況によってはデメリットもあります。

 

1:おまとめ・借り換え後の金利が上がると金利負担が増えてしまう

2:おまとめ・借り換え額以上の利用限度額だと借入残高が増えてしまう

3:おまとめ・借り換え前のカードローンはもう使わないという強い意志が必要

 

金利が上がると金利負担が増えてしまうのは当たり前のことですが、毎月の返済金額が減るからといって安易におまとめ・借り換えをしてしまいがちです。

 

支払い総額で計算すると、大きな差となってしまうこともあるので、しっかりとシュミレーションした上で実行しましょう。

 

また、借り換え・おまとめしたい金額で利用限度額を希望しても、希望額以上の審査結果が出ることもあります。そのときは誘惑に負けず、当初のおまとめ・借り換えの金額で契約するようにしましょう。

 

利用限度枠があることによって誘惑に負けてしまい、現在の借入額から借金がさらに増えてしまう可能性もあります。これは最悪のパターンです。

 

もちろん、利用計画と返済計画をきちんと立てた上であれば問題ないのですが、安易に借入れすることは厳禁です。

 

同じように、おまとめ・借り換えをした後は、旧カードローンは解約することを忘れないようにしてください。

 

「もしものときのために」は厳禁です。きっぱりと解約してください。

 

 

おまとめ・借り換えの流れ

おまとめ・借り換えの流れを説明します。検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

カードローンのおまとめ・借り換えの流れ

@おまとめ・借り換えのシュミレーションを行う

A新規カードローンの申込み

B審査通過

C新規カードローンの借入れ

D旧ローンの返済

 

通常のカードローンの申込みに加えて、旧ローンの返済をするだけです。住宅ローンの借り換えであれば、旧住宅ローンを完済した証明書が必要ですが、カードローンのおまとめ・借り換えであれば必要はありません。

 

ただし、必要が無いからといって旧ローンを返済しないことは、前述したとおり厳禁です。

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス