プロミスで借りる

\当サイト申込数bPのカードローン/

SMBCモビット


サイト最終更新日:2021年12月4日

他社カードローンと比べたプロミスのデメリットを検証!

プロミスのデメリット

 

プロミスの申込みを検討している方に、プロミスのデメリットを解説します。他社カードローンと比べたデメリットも知っておくことで、契約後にこんなはずじゃなかった・・という後悔をせずにすむかもしれません。

 

 

カードローンは借りる前に商品内容をよく知っておくことが大切です。

 

 

どのカードローンにも金利や利用限度額の他に、メリット、デメリットがあります。プロミスは自分が求めているカードローンなのかしっかりと見極めてから申込みをしましょう。

 

 

 

<プロミスの商品概要>

金利 4.5%〜17.8%
利用限度額 1万円〜500万円
無利息期間 30日間
月々の返済額 2000円〜

 

 

プロミスのデメリットその@金利は他社に比べて高い

プロミスの金利は4.5%〜17.8%です。SMBCモビットやアイフルなどの消費者金融会社とは同程度の水準ですが、銀行カードローンに比べると上限金利は高く設定されています。

 

 

金利を最重要視するなら銀行カードローンに申込みすることをおすすめします。ただし、プロミスは30日間の無利息期間がありますので、30日以内に全額返済できる場合は利息を無料で借りることができます。

 

 

短期で借りるなら、金利は高いですがプロミスがおすすめです。

 

 

プロミスのデメリットそのA専業主婦は申込み不可

プロミスは銀行カードローンではないため、総量規制の対象となります。収入がない専業主婦の方は残念ながら申込み対象外です。

 

 

<なぜ専業主婦は消費者金融会社で借りることができない?>

過度な借入れを防ぐため、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています。その為、そもそも収入がない専業主婦は消費者金融会社で借りることはできません。

 

 

専業主婦の方は銀行カードローンがおすすめです。ただし、パート・アルバイト収入がある主婦の方ならプロミスは申込み対象となります。

 

 

プロミスのデメリットそのB提携ATMの返済手数料がかかる

プロミスATMおよび三井住友銀行ATMだと返済手数料は無料ですが、コンビニなどの提携ATMでの返済は、返済手数料が掛かってしまいます。

 

 

取引金額が1万円以下なら110円、1万円超なら220円の手数料が掛かります。小さい金額ですが、積み重なるとバカにできない手数料です。

 

 

返済はプロミスATMか三井住友銀行ATMで行うようにしましょう。

 

 

プロミスのデメリットそのC勤務先に在籍確認の電話が必ずかかってくる

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか、実際に勤務先へ電話して確認をする審査のひとつです。

 

 

例えば、SMBCモビットのWEB完結という申込み方法を利用すれば電話連絡がありません。一方で、プロミスはWEB完結申込みを利用しても、勤務先に在籍確認の電話が必ずかかってくることはデメリットと言えるでしょう。

 

 

在籍確認で心配なのは、職場の同僚に申込みがバレてしまわないかでしょう。その点は心配ありません。在籍確認を行うのはもちろんプロミスの審査担当者ですが、プロミスという社名を名乗ることはありません。

 

 

プロミスの在籍確認は、担当者個人名を名乗って電話をかけてくる

 

 

申込者のプライバシーに配慮して、担当者個人名でかけてきてくれるので安心して申込みをしましょう。

 

 

まとめ

以上の4点がプロミスのデメリットです。デメリットはプロミスに限らずどのカードローンにもありますが、メリットだけでなくデメリットも知って自分に最適なカードローンを見つけることがポイントです。

 

 

カードローンは借りるよりも、借りた後の返済の方が当然時間がかかりますし、大変です。特に金利(借入れ利率)や無利息期間は、直接返済額に関わる非常に大切なことです。

 

 

借りた後に知ったということがないようにしっかりと調べておきましょう。

 

 

プロミスのWEB完結申込みの手順

 

プロミス

 

最短30分で審査〜融資まで可能!土日祝日も借入れOK!
実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
月々の返済額 2000円〜
即日融資
申込み対象者

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込み可能

資金使途

生計費に限る。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限る)

返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選択
担保・保証人 不要

 

 

 

プロミスレディース

 

プロミスレディース

プロミスのレディースキャッシング。最短30分で審査〜融資まで可能!土日祝日も借入れOK!
実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
月々の返済額 2000円〜
即日融資
申込み対象者

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込み可能

資金使途

生計費に限る。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限る)

返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選択
担保・保証人 不要

 

 

プロミスの即日融資の流れ

@WEB申し込み

パソコンやスマホから必要事項を入力し、申し込みます。

 

A審査結果の通知

メールか電話の希望した方法で審査結果が通知されます。

 

B在籍確認の電話

勤務先に在籍確認の電話が掛かってきます。もし、勤務先への電話確認に抵抗がある場合は、ネットでの申込み後すぐコールセンターへ電話をしましょう。柔軟に対応してくれます。

 

Cネット上で契約手続き

在籍確認後、本契約手続きになります。本人確認書類のアップロードなどをおこないます。

 

Dローンカードの発行、または振込融資

自動契約機でローンカードを発行し、借り入れができます。または、ローンカード無しも選択できます。カード無しの場合は、振込融資です。振込融資は原則24時間振込可能です。

 

即日融資のポイント

振込融資は原則24時間振込可能です。ローンカードで借入れしたい場合も、自動契約機でカード発行を行えば即日融資が可能です。

 



<カンパニーリスト>

提携カードローン、キャッシング一覧


\SMBCモビット/

SMBCモビット

金利 融資上限額
3.0%〜18.0% 最大800万円
担保・保証人 即日融資
不要 可能

\プロミス/

金利 融資上限額
4.5%〜17.8% 最大500万円
審査時間 即日融資
事前審査は最短15秒回答 可能

\アコム/

金利 融資上限額
3.0%〜18.0% 最大800万円
審査時間 即日融資
最短30分 可能

\オリックス銀行カードローン/

オリックス銀行

金利 融資上限額
1.7%〜17.8% 最高800万円
担保・保証人 ポイント
不要 パート・アルバイトも申込み可能

\アイフル/

アイフル

金利 融資上限額
3.0%〜18.0% 最大800万円
担保・保証人 即日融資
不要 可能

\アイフルスラリ/

SuLaLi

貸付利率 契約限度額
18.0%(実質年率) 10万円
担保・保証人 即日融資
不要 可能

\ダイレクトワン/

ダイレクトワン

金利 融資上限額
4.0%〜18.00% 300万円
即日融資 ポイント
可能 パート、アルバイトもOK

\JCBカードローンFAITH/

JCB FAITH

年利 借入限度額
4.40〜12.50% 最大500万円
担保・保証人 ポイント
不要 大手JCBのカードローン

\北洋銀行カードローン/

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」※北海道エリア限定

借入利率 利用限度額
年1.9%〜14.7% 10万円〜1000万円
担保・保証人 ポイント
不要 毎月の返済は2000円から

※各バナーをクリックすると公式HPへ遷移し、申し込みが出来ます。

<当サイト掲載のカードローンについて>
アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、原則24時間最短10秒で振込可能。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

<参考>
金融庁ウェブサイト
銀行法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)
貸金業法 e-Govポータル(https://www.e-gov.go.jp)
日本貸金業協会



<執筆者紹介>

筆者

 

執筆者名/K・N

 

丑年生まれの36歳。自身も複数枚のカードローンを所持しており、利用歴は10年以上です。確かな知識と利用者目線に立ったカードローン、キャッシングの様々な情報を紹介しています。

 

★本サイトの記事は、口コミ・体験談を除き、すべてサイト管理人が執筆しています。

 

資格:ファイナンシャルプランナー3級、簿記3級

 

勤務実績:某地方にある信用組合で3年間勤務(カードローンの取扱い実績あり)

 

カードローンの利用歴:これまでに、三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローンの利用歴あり