プロミスの解約手続きの流れは?すぐに解約出来る?解約のメリットデメリットも解説

プロミスの解約手続き

 

本記事では、プロミスの解約手続きを考えている方に向けて、手続きの流れと解約をするメリット、デメリットについて解説をします。

 

 

プロミスの解約手続きを考えている方は参考にしてください。

 

 

 

 

プロミスの解約手続きの流れ

プロミスの解約手続きの流れは以下の通りです。

 

 

まずは、解約の意思を次の方法でプロミスへ伝えましょう。2つの窓口があり、それぞれの窓口で解約手続きの流れも異なります。

 

 

プロミスコール(0120-24-0365)または、お客様サービスプラザ(店頭窓口)に解約の意思を伝える。

 

 

@プロミスコールセンターで解約手続きをする場合の流れ

 

1.電話で解約申し込みした後、登録住所宛てに解約申込書が送付される。

 

2.解約申込書を正確に記入後、ハサミで切ったカードを同封し返送する。

 

3.解約証明書が登録住所宛に送付され、解約手続きが完了する。

 

 

Aお客様サービスプラザ(店頭窓口)で解約手続きをする場合の流れ

 

1.店頭にて、解約の意思を伝える。

 

2.スタッフから本人確認を受ける。

 

3.解約申込書を記入する。

 

4.解約申込書が受理されたのち、カードを返却して解約手続きが完了する。

 

 

プロミスコールセンターとお客様サービスプラザでの解約はどっちが簡単か

プロミスコールセンターとお客様サービスプラザでの解約のどちらが簡単かと聞かれたら、一度に済むのは「お客様サービスプラザでの解約」でしょう。

 

 

来店したその場で解約手続きが完了しますので、時間も手間もかけずに解約が出来ます。ただし、人目が気になる場合は、プロミスコールセンターに連絡し、郵送でのやり取りが良いでしょう。

 

 

プロミスを解約することによるメリットとデメリットは?

プロミスの解約を検討している方は、以下の理由からだと思います。

 

 

・使い道がない

 

・借り入れすることを強制的に辞めたい

 

・完済してもう使い道がない

 

 

この場合は解約することによって、借り入れが出来る状況がなくなりますから解約することがメリットとなるでしょう。

 

 

慢性的に借り入れの習慣が身についてしまっている場合は、今後の為にも解約することが得策と言えるかもしれません。

 

 

逆に、解約することによるデメリットは以下が挙げられます

 

 

・借り入れが出来なくなる

 

・再度借り入れをしたい状況になった場合、再審査が必要となる

 

 

当たり前のことですが、解約をしてしまえばもう借り入れは出来ません。今は用途がない場合でも、いつ何時また借り入れをしなければいけない状況があるかもしれません。

 

 

再度借り入れをすることになった場合は、改めて審査を一から受けなければいけないのがデメリットでしょう。

 

 

クレジットカードのように年会費は掛かりませんので、万が一の為に解約はしないでおくことも方法です。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る