他社カードローンと比べたプロミスのデメリットを検証!

 

プロミス

 

最短30分の審査で最短1時間での融資も可能!土日祝日も借入れOK!
実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
月々の返済額 2000円〜
即日融資

 

 

 

プロミスレディース

 

プロミスレディース

プロミスのレディースキャッシング。最短30分の審査で最短1時間での融資も可能!土日祝日も借入れOK!
実質年率 年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)
借入限度額 1万円〜500万円
月々の返済額 2000円〜
即日融資

 

 

プロミスの申込みを検討している方に、プロミスのデメリットを敢えて紹介したいと思います。他社カードローンと比べたデメリットです。

 

 

どのカードローンにも金利や利用限度額の他に、メリット、デメリットがあります。自分に合ったカードローンを見つけるようにしましょう。

 

 

プロミスのデメリット@金利は高め

 

プロミスの金利は4.5%〜17.8%です。モビットやアイフルなどの消費者金融会社とは同程度の水準ですが、銀行カードローンに比べると上限金利は高く設定されています。

 

 

金利を最重要視するなら銀行カードローンに申込みすることをおすすめします。ただし、プロミスは30日間の無利息期間があります。30日以内に全額返済できる場合は利息を無料で借りることができます。

 

 

短期で借りるなら、金利は高いですがプロミスがおすすめです。

 

 

プロミスのデメリットA専業主婦は申込み不可

 

プロミスは銀行カードローンではないため、総量規制の対象となります。収入がない専業主婦の方は残念ながら申込み対象外です。

 

 

専業主婦の方は銀行カードローンがおすすめです。ただし、パート・アルバイト収入がある主婦の方ならプロミスは申込み対象となります。

 

 

プロミスのデメリットB提携ATMの返済手数料が掛かる

 

プロミスATMおよび三井住友銀行ATMだと返済手数料は無料ですが、コンビニなどの提携ATMでの返済は、返済手数料が掛かってしまいます

 

 

取引金額が1万円以下なら108円、1万円超なら216円の手数料が掛かります。小さい金額ですが、積み重なるとバカにできない手数料です。

 

 

返済はプロミスATMか三井住友銀行ATMで行うようにしましょう。

 

 

以上3点、プロミスのデメリットを紹介しました。どのカードローンにも長所と短所はあります。

 

 

自分が何を重視しているのかによっておすすめのカードローンは変わるので、まずはプロミスのホームページをチェックしてみましょう。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る