ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリット、デメリットを徹底解説!

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリットとデメリット

 

ジャパンネット銀行は、日本ではじめて誕生したネット銀行です。

 

 

今ではたくさんのネット銀行がありますが、ネット銀行特有のサービスはジャパンネット銀行が先駆けておこなってきたと言っても過言ではありません。

 

 

実績、信頼のあるジャパンネット銀行のネットキャッシングのメリット、デメリットについて紹介していきます。

 

 

ジャパンネット銀行

 

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングを選ぶメリット

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリット

 

まずは、ジャパンネット銀行ネットキャッシングを選ぶメリットについて解説します。

 

 

メリット@はじめての借り入れから30日間は無利息

 

<無利息特約とは?>

初回借入日から30日間は利息が0円

※無利息期間中に約定返済日が到来した場合は、返済額は利息を除いた元本分

 

 

<無利息特約が適用される条件>

極度型ローン(ネットキャッシング・クレジットライン・カードローン・借り入れおまとめローン)を契約中で過去に1度も利用がない方

 

 

無利息特約が適用される条件は上記のとおりです。簡単に言うとはじめてジャパンネット銀行でお金を借りる方ですね

 

 

無利息期間を上手に利用すれば、利息をかけずにお金を借りることも可能です。

 

 

消費者金融会社では無利息期間があるキャッシングは多いですが、銀行キャッシング、カードローンではあまりみかけないのでおすすめです。

 

 

ただし、以下に該当する場合は、無利息特約が適用されないので注意しましょう。

 

@約定返済を延滞した場合

 

A2007年1月15日以前に初回借入をしている場合

 

B無利息期間が終了している極度型ローンから、別の極度型ローンを契約し直した場合

 

C極度型ローン契約を解約した場合

 

Dジャパンネット銀行が定める各種規定に違反した場合

 

 

メリットA利用限度額は最高1000万円

 

利用限度額が最高1000万円のキャッシング、カードローンはなかなかありません。

 

 

業界トップクラスと言えます。利用限度額1000万円が適用となるには相当の年収が必要となりますが、大きな利用限度額を希望する方にはピッタリと言えるでしょう

 

 

メリットBカードレス、郵送物はなし

 

借り入れは、スマホアプリからジャパンネット銀行の普通預金口座へ入金できるため、ローンカードはありません。

 

 

ローンカードが自宅へ届くと家族にバレるかもという心配がありますが、ジャパンネット銀行ネットキャッシングならカードレスのため心配無用です。

 

 

財布にローンカードを入れておく煩わしさやATMで使うとなると人目が気になる方もいますが、その心配もありませんね。

 

 

ネットキャッシングを申込むためには、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必須となりますが、普通預金口座と同時にネットキャッシングの申込みも可能です。

 

 

無事ネットキャッシングの審査に通ったとしても、キャッシュカードが届くまではネットキャッシングが出来ないのではないか?と疑問がわきますが、急ぎの方に向けて、初回借り入れに限りジャパンネット銀行の普通預金口座以外への入金が可能な点もメリットのひとつです。

 

 

メリットC返済日を自分で設定できる

 

返済日は毎月1〜28日、月末のうちいずれかを選択して返済することができます。

 

 

返済日はあらかじめ決められたキャッシング、カードローンがほとんどですが、自分で決められるのは嬉しいですね。

 

 

お給料日に合わせて設定することができます。

 

 

メリットDおまとめOK

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングはおまとめにも利用することができます

 

 

現在借入れしているローンの返済日がバラバラで管理が大変、または返済額を軽減したいと考えている方にもおすすめできるキャッシングです。

 

 

メリットE1円単位での借り入れできる

 

1円単位で借り入れができることも大きな魅力です。

 

 

1000円だけ引き落としのお金が足りない!そんなときに1万円単位でしか借り入れできない場合、余計な利息がかかってしまいます。

 

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングなら、1円単位で借り入れができるため、どんなシチュエーションにも対応できるでしょう

 

 

例えば、ジャパンネット銀行の普通預金口座は、Yahoo!ショッピングやオークションの支払いにもそのまま使えるようになっています。

 

 

「10000円の商品を購入したいけど、口座残高は9500円しかない・・・」

 

 

このような場面で、500円だけ借りるということも可能です。

 

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのデメリット

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのデメリット

 

続いてデメリットについても解説します。特に大きなデメリットは見当たりませんが、敢えて挙げるならという視点でピックアップしました。

 

 

デメリット@普通預金口座の開設が必要

 

他社カードローンやネットキャッシングでは、普通預金口座が不要の場合もあります。

 

 

その点、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、普通預金口座の開設が必要となります。いくつも普通預金口座を持っている方はデメリットに感じるかもしれません。

 

 

ただし、カードローンの場合はローンカードが必要となりますし、比較して大きなデメリットにはならないでしょう。

 

 

普通預金口座があることによって、1円単位での借り入れが可能となるため、メリットの方が大きいでしょう。

 

 

デメリットA金利が他社銀行カードローンに比べると高い

 

他社銀行カードローンが15%程度の金利に対して、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは最大金利が18%となります。

 

 

金利で重視する方にはデメリットに感じるかもしれません

 

 

ただし、18%が適用となる場合は、利用限度額が10万円〜の少額キャッシングとなります。

 

 

利用限度額が低ければ低い程、金利は高くなるのはどのカードローン、キャッシングも同じです。

 

 

以上、ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリット・デメリットについて解説しました。

 

 

デメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いのがジャパンネット銀行ネットキャッシングです。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

ジャパンネット銀行カードローン

 

ジャパンネット銀行

ネット銀行でカードローンを取り扱ったのはジャパンネット銀行が初となります。根強い人気を誇る安心のカードローンです。
年金利 2.5%〜18.0%
最高限度額 1000万円
おすすめポイント 普通預金口座も同時に申込みが可能!

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る