アコムの解約手続きの方法を解説!解約によるメリットやデメリットも紹介

アコムの解約手続き

 

本記事では、「アコムを完済した」、「今後使う予定がない」という方に、解約手続きの流れについて解説をします。

 

 

また、アコムを解約することによるメリットとデメリットも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

アコムの解約手続きの手順

アコムの解約手続きは以下の窓口で行うことが出来ます。

 

 

・アコム総合カードローンデスクへの電話による手続き TEL:0120-629-215

 

・自動契約機(むじんくん)・店頭窓口来店による手続き

 

 

アコム総合カードローンデスクの手続きは、電話で解約の意思を伝え郵送でのやり取りとなります。一方、自動契約機(むじんくん)と店頭窓口来店による手続きはその場でのやり取りとなります。

 

 

人目が気になる場合には、アコム総合カードローンデスクへの電話と郵送が中心の解約手続きを、すぐにでも解約手続きを完結したい場合には自動契約機(むじんくん)や店頭窓口来店による解約手続きがオススメです

 

 

解約する前にもう一度、アコムの必要性を考えること

アコムのカードローンは、資金使途が自由です。解約手続きをする前に、今後の利用や万が一のことを考えてから解約手続きを始めましょう

 

 

アコムのカードローンは、クレジットカードのように年会費や手数料がかかりません。利用残高がなければ利息ももちろん発生しませんので、持っておくだけでも緊急事態に活用することが出来ます。

 

 

アコムを解約することによるメリットとデメリット

アコムを解約するメリットは以下の点が挙げられます。

 

 

・新たに借金(借り入れ)をすることが出来なくなる

 

・利用履歴が信用情報から削除される

 

 

強制的に借り入れを出来なくしてしまうことがメリットでしょう。特に、借り入れをすることが習慣的になってしまった場合は有効です。

 

 

計画的な借り入れ、管理が出来ない方は解約をすることをオススメします。借り入れが出来ない状況を強制的に作ってしまえば、借金が増えることはありません。

 

 

一方、解約することのデメリットは以下が挙げられます。

 

 

・借り入れが出来なくなる

 

・急な出費に対応出来ないことがある

 

 

当然ですが、解約をしてしまえばもう借り入れをすることが出来ません。金銭的に余裕があり、当分使う予定が明確な場合はよいでしょう。

 

 

ただし、急な出費が立て続きにあり、お金の工面が必要な状況になるかもしれません。万が一の為に契約は残しておくこともひとつでしょう。

 

 

解約をした後に再度申込みをすることは可能ですが、改めて審査を受け直すことが必要です。

 

 

再審査を受ける手間を減らす為にも、完済した際はすぐに解約せず、金銭的に安定した状態をキープできるまで、時間を置いてみるのも1つの手段でしょう


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス