生活のこんな場面でカードローンが役立つ!カードローンの利用例を紹介

カードローンが役に立つ場面

 

本記事では、カードローンの様々な利用シーンを考えていきたいと思います。

 

 

特に、カードローンの利便性をより有効活用するために、こんな場面でカードローンを使ったら効果的といった、いろいろな場面について考えます。

 

 

突然の出費に備えてカードローンを持っておく

 

予想外の出費という事態は誰にでも起こりえます

 

 

皆さんは、そのような金銭的な不測の事態に備えて、貯金をしていますか?

 

 

誰もが、毎月十分に貯金できるほどの余裕があるとは限りませんし、たとえあったとしても、定期預金や有価証券などで保有していれば、すぐに現金化できない場合もあります。

 

 

そこで、誰にでも起こりうる金銭的なピンチにとても役立つのが、カードローンなのです。

 

 

それでは、そんなカードローンが活躍する場面をみていきましょう。

 

 

日常の生活を送っている時には気がづきませんが、誰にでも突然のアクシデントは必ず起こります。

 

 

例えば、あなた自身や家族が突然の病気やケガで、病院のお世話にならなければいけないという事態が発生したらどうでしょうか

 

 

その病気やケガが重傷で入院が必要だという場面では、一時的にまとまった現金が必要になることもあります。

 

 

保険に入っているから関係ないと思っていても、保険金はすぐにはおりないのでやはり現金が必要になります。

 

 

あまり考えたくはありませんが、病気やケガという事態に備えて、カードローンというセーフティーネットを準備しておくということは、非常に生活に安心感をもたらしてくれるのです。

 

 

あなたが、突然の人事異動で遠隔地への転勤を命じられた場合はどうでしょうか。

 

 

引っ越しもしなければいけないし、転勤先での新生活に備えて、様々な家電製品や生活用品も用意しなければいけません。

 

 

もちろん、会社からある程度の費用が支給されることとは思いますが、一時的に立て替えておかなければいけない…そんなことも多いはずです。

 

 

また、人事異動での転勤先が海外だといった場合は更にお金が必要になるでしょう。

 

 

また、転勤準備のためのコストに加えて、英語を勉強するための費用も一時的にでも賄う必要があるちしたら、これは同時に金銭的なピンチでもあります。

 

 

カードローンは、どちらかというとマイナスの側面であるピンチの時だけでなく、そんなポジティブな人生の大きな転機の際にも、心強いサポーターとなってくれます。

 

 

このような突然訪れる経済的な出費を伴う人生のピンチやチャンスに、カードローンが役に立つのには、理由があります。

 

 

それは、カードローンが、急に必要になった出費に対して機動的に対応できる金融商品だからです。

 

 

万一、あなたがローン用のカードをまだ持っていないという場合であっても、申し込みから審査を経て実際にお金の借り入れをするまで最短で30分程度で借入れまできる場合もあります。

 

 

まさに、「必要な時に必要なお金を借りることができる」ということです。金銭的にピンチに陥っているときに、このようなサポートを受けることができるのです。

 

 

また、カードローンを持っているというだけで、安心感は他には代えがたいものとなります。

 

 

お金の借り入れには近くにあるコンビニなどのATMが利用できるので、必要なタイミングで融資を受けることができます。

 

 

この、「いつでも必要な時に」という利便性が、あなたのピンチを救い、二度とはないかもしれない貴重な人生のチャンスをモノにする助けになってくれるのです。

 

 

夜間や休日でもすぐに借入れができる

 

突然の出費が迫られる場合の他にも、カードローンが活躍する場面があります。それは、夜間や休日に現金が必要になった場合です。

 

 

例えば、夜遅くまで会社で残業をしていて、やっと仕事を切り上げた瞬間、ちょっとした達成感で気分が高揚しているという場合があると思います。

 

 

そんな時、同じように残業してオフィスにいた同僚に「少し飲んでいかないか?」と声をかけられます。

 

 

抱えていた仕事が一区切りついた解放感もあるあなたは、その誘いに応え飲みに行くことになりました。「だが、まてよ・・」あなたの財布には現金がほとんどありません。近くのATMでお金を下そうなどと考える場面です。

 

 

こんな時も、実はカードローンの出番があるのです。通常、夜間の時間帯にお金をATMから下ろす時には、ATMの利用手数料がかかります。

 

 

一方、カードローンのATM手数料は無料が多いため、かかるのは金利分だけです。即日で返済すれば、普通にATMで自分のお金を下ろすよりも、お得になる場合があります。

 

 

休日に現金を下ろさなければならないといったケースにも、ATMの利用手数料が節約できるこの方法が当てはまります。

 

 

使い道は自由

カードローンの持つ利便性のひとつに、借りたお金の使い道が自由だということがあります。

 

 

自動車を購入するための自動車ローンやマイホームを手に入れるための住宅ローンなどは、融資を受けた資金の使い道がはじめから決まっていますが、カードローンは資金使途は限定されていません。

 

 

資金使途に限定がないことがカードローンの利用シーンを大きく広げてくれるのです。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス