転職にかかる費用は約80万円!カードローンで万が一に備えるのもあり

 

 

転職したい、独立したいという場合は約4か月分の生活費を準備してから辞めるのがベストと言われています。

 

 

その理由は、自己都合で会社を退職する場合は7日間の「待機期間」に加えて3ヵ月間の「給付制限」がある為です。また、失業給付の金額は働いていた時の賃金(賞与等は除く)の5〜8割程度で離職理由や年齢によってもらえる日数が変わってくることも関係します。

 

 

当然、失業中も前年度の住民税や社会保険料を支払わなければならないために失業給付だけでは払いきれないことが考えられます。そのために約4か月分の生活費を準備することが必要なのです。

 

 

働きながら転職する場合は収入が途切れないので生活に困ることはありませんが、一念発起して仕事を辞めてから転職、独立する場合は十分に準備をしてから辞めることが大切です。次の仕事が決まる前に路頭に迷ってしまったら大変ですから。

 

 

どうしても貯金がなくて仕事を辞める場合は、在職中にカードローンを作ってから辞めるという選択肢を考えましょう。

 

 

勤務先の変更があればカードローン会社へ申告しなければいけませんが、こちらから申告しない、また延滞をしなければ、勤務先への在籍確認が行われることはありません。

 

 

利用限度額もそのままで利用できますので、次の勤務先が決まったら変更申請をすればよいのです。

 

 

生活費の4か月分の貯金はないけれど、どうしてもすぐに転職したい場合は在職中にカードローンを作っておいて万が一に備えましょう

 

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る