出産費用が払えない!出産費用でカードローンを利用する人は多い

出産費用でカードローンを利用する方が増えています。特に若い女性の方で、お相手の方と結婚をせずに、またお相手が費用を出してくれないという場合にカードローンを利用しています。

 

 

出産費用は行政から補助が出ます。住んでいる自治体によって、補助の違いはありますが、出産した病院によっては、行政の補助を上回り、差額分を自腹で払わなければいけないこともあります

 

 

特に、有名な産婦人科だと費用も高い傾向にあり、補助で賄いきれないことが多いです。

 

 

また、難産で鎮痛剤を打った場合や、予定よりも長く入院した場合など想定外の費用が掛かることもあるでしょう。

 

 

どうしても自分で費用が賄えないときはカードローンを利用するとよいでしょう。

 

 

病院の費用の支払いは、すぐではないので費用全額がわかってからカードローンを申し込んでも十分間に合います。

 

 

特におススメなのがモビットです。モビットは申し込み対象者が「アルバイト、パート、派遣社員※でもOK」です。

 

※安定した収入がある方

 

↓申し込みはこちら↓
モビット

 

 

勤務形態を気にせずに申し込み可能なことが魅力ですね。正社員じゃないからと諦める前に試してみましょう。

 

 

また、月々の返済額も10万円以下の利用であれば4,000円です。出産後も負担を少なく返済していくことができます。

 

 

一番は自己負担で賄う準備をしておくことですが、もし不可能な場合はカードローンを利用するのがおススメです。

 

 

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス