カードローンのここに注意!初心者がつまづきやすい4つのポイント

カードローン初心者の注意点

 

カードローンは、スピード審査で早ければその日のうちに融資を受けられたり、近くのATMで限度額の枠内でなら何度でも追加で融資を受けられるなどという多くのメリットがあります。

 

 

一方で、このような便利なカードローンのメリットを賢く生かすためには、そのデメリットもしっかりと知っておく必要があるでしょう。カードローンの持つデメリットをしっかりと理解していくことで、有効に使うことができるからです。

 

 

そこで、特にカードローン初心者がつまづきやすい、カードローンに関する4つのポイントについて見ていきたいと思います。

 

 

借りたお金は返済する必要がある

まず、カードローンのデメリットのひとつめは、この返済についてです。当たり前のことではありますが、借りたお金は、必ず返さなければなりません。
このこと自体は、カードローンを含む借り入れ全部に共通するルールになりますから、特にデメリットとは呼べません。

 

 

カードローンのメリットでもある、いつでも気軽にお金を引き出すことのできるという利便性についつい感覚が麻痺して、「借りたお金は返さなければいけない」という当たり前の仕組みを忘れがちになってしまうこと、これがカードローンのデメリットといえるのです。

 

 

返済に時間がかかってしまう

カードローンのメリットのひとつとして、限度額の枠内においては、返済期限に決められた最低額の返済を続けている限り、何度でも追加融資が可能であるという点があります。

 

 

しかし、これは裏を返せば、カードローンのデメリットにもなりうるのです。それは、「借りたり返したり」をなんとなくダラダラと続けてしまい、結果としてなかなか借りている総額が減っていかないということになってしまうからです。

 

 

もちろん、カードローンの金利は、今借りている利用総額にかかってきますから、その利用総額が減っていかなければ、金利もそれに応じて払っていくことになります。

 

 

そうすると、カードローンで借りたお金を完済するまでには想像していた以上に長い時間がかかってしまうことにもなりかねません。

 

 

このデメリットをきちんと理解していないとしたら、カードローンの入り口部分のスピード融資やATMから気軽にお金を手にできるという便利さに比べて、大きなギャップを感じてしまうかもしれません。

 

 

金利は決して低くない

カードローンを利用してお金を借りれば、当然、それに金利がかかってきます。現在の日本においては、マイナス金利政策がとられており、以前に比べたら格段に低い金利で融資を受けることができる状況です。お金を借りる立場から言ったら、非常に恵まれた環境にあるともいえるくらいです。

 

 

しかし、一方で、それでも決して安くはない金利を負担することもまたカードローンの事実です。この金利負担が存在するという事実、またそのことに対する意識が薄くなってしまいがちだということが、カードローンのデメリットでもあるのです。

 

 

特に様々な要素でこのカードローンの金利も変わってるので、そのことにも注意を払うようにしたいものです。例えば、カードローンの運営主体が都市銀行や地方銀行などの「銀行系」ならば、比較的低い金利水準で利用ができるでしょう。

 

 

一方で、カードローンのサービスが「信販・消費者金融系」のそれであれば、「銀行系」に比べて高めの金利水準が設定されていることもあります。また、審査の結果として与えられるカードローンの融資限度額の上限が高ければ高いほど、金利も低くなることが多いです。逆に言えば、融資限度額が低めになっていれば、高めの金利設定であるということが言えます。

 

 

このようなカードローンにまつわる金利についても覚えておきたいポイントです。

 

 

個人信用情報について

カードローンを利用する際の仕組みとして、この個人信用情報についての話を理解しておくことが大事です。なぜなら、あなたの個人信用情報がどのように取り扱われるかは、カードローンの大きなデメリットになる可能性を秘めているからです。

 

 

あなたの金融ヒストリー、つまり、今までのカードローンを含むローンやクレジットカードなどの利用状況・返済状況を「個人信用情報」と呼んでいますが、これらの情報は、個人信用情報機関に登録されています。

 

 

現在の日本には、この個人信用情報が登録される個人信用情報機関が、3つ存在します。@各銀行が加盟するもの、Aクレジットカード会社が主に加盟するもの、そして、B消費者金融業者などが主に加盟するものです。

 

 

これらの個人信用情報機関に蓄積されているあなたの個人信用情報には、金融関係のサービスを利用してきた歴史が刻み込まれているのです。

 

 

例えば、今どれだけの借り入れをしているのか、何社から借入れをしているのか、未払いや滞納になっているかやそのような事実が過去にあったかの情報(いわゆる金融事故の有無)、さらには何社のカードローン口座を開設しているか(何社とカードローン契約を交わしているか)ということまで、詳細に掲載されています。

 

 

加えて、自己破産や債務整理をしたという事実があれば、それらの情報(俗にブラック情報とも呼ばれることがありますが、それは正式な呼び方ではありません)も一定期間掲載されるのです。ちなみに、カードローンなどの申し込みをしたという事実も半年間掲載されます。

 

 

そして、これらの個人信用情報機関には、加盟する各金融機関がいつでもアクセスできます。つまり、個人信用情報、金融ヒストリーは、どの金融機関にも事実上、筒抜け状態といえるわけです。この現在の日本で構築されている金融サービスの仕組みが、カードローンのデメリットとなってくる可能性があるということです。

 

 

この個人信用情報機関が保有する個人信用情報は、各種ローンやクレジットカードの審査に活用されるわけですが、申し込み先の金融機関にはあなたのローン残高がいくらで何社と契約しているとか、滞納中のローンがあるかなどということがわかってしまいます。

 

 

例えば、結婚して子供が生まれ念願のマイホームを手に入れようと銀行に住宅ローンを申し込んだとします。その時、別の銀行や消費者金融会社でカードローンによる複数の借り入れがあったような場合、そのような金融サービスの利用状況が住宅ローンの審査に活用されるので、ローン残高や延滞履歴の有無などにもよりますが、審査が通らないなどということにもなりかねないわけです。

 

 

これは、自動車を購入しようとするときに利用する自動車ローンや子供の学費に活用する教育ローンの申し込み・審査の際にも同じことが言えます。

 

 

このように、カードローンを無計画に利用した結果、人生の本当に大切な時に活用すべき他のローンを利用できないといった事態を招いてしまう可能性…これも、カードローンのデメリットといえるでしょう。

 

 

カードローンは、その特徴をよく理解し賢く活用すれば、大変便利で生活や人生の役に立つありがたい存在です。

 

 

しかし、そんなカードローンも「魔法のカード」ではなく、「打ち出の小づち」でもありません。

 

 

カードローンの持つデメリットを十分に理解し、有効に使っていきたいものです。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス