銀行カードローン以外の利用限度額が総量規制の対象になる

多大な借入れ負担防止の為に、貸金業法においては個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限される仕組があります。

 

 

年収の3分の1までなので、例えば年収が300万円であれば、借入できる総額は100万円が限度となります

 

 

この総量規制の対象となるのは、貸金業者からの借入れが対象となります。クレジットカードで利用したキャッシング、消費者金融会社で利用したカードローンなど銀行以外からの借入れが対象です

 

 

<総量規制の対象となる借入れ=貸金業者からの借入れ>

消費者金融

 

信販会社

 

クレジット会社

 

 

<総量規制の対象外の借入れ=貸金業者以外からの借入れ>

住宅ローン

 

自動車ローン

 

高額療養費の借入れ

 

有価証券担保の借入れ

 

不動産担保の借入れ

 

 

クレジットカードでのショッピングは総量規制の対象とはなりません。

 

 

ただし、注意点があり、消費者金融・信販会社・クレジット会社のカードローンまたはキャッシングは利用限度額が総量規制の金額から差し引かれるということです

 

 

利用限度額30万円のカードローン、またはクレジットカードにキャッシング枠があったら、実際に借入れしているのは10万円でも利用限度額の30万円が総量規制の金額から差し引かれます。

 

 

<年収300万円の場合>

× 総量規制による借入れ限度額100万円 − 実際の借入れ10万円 = 90万円

 

 総量規制による借入れ限度額100万円 − 利用限度額30万円 = 70万円

 

上記のように、正しいのは70万円になります。

 

 

実際に利用している金額ではなくて、あくまでも『借入れ限度額』になるので誤った認識をしないようしっかりと理解しておきましょう

 

 

そして、この総量規制の目的は、借り入れする人を減らすのが目的ではなく、過剰な貸し付けを減らすこと、貸し付けに制限を設けることで消費者の経済破綻を防ぐことが大きな目的です。

 

 

この意味をしっかりと理解した上で、借り入れを検討することが上手にお金を借りるポイントです。お金がないからすぐ借りるでは、瞬く間に返済に困ってしまうでしょう。

 

 

身の丈に合った借り入れを検討することを必ず意識して行動しましょう。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る