カードローンは保証人なし、担保なしで借り入れ可能

カードローンは保証人なし、担保なしで借り入れ可能

 

カードローンは、保証人なし、担保なしで借り入れ出来ることがメリットのひとつです。

 

 

事業の保証人や担保と違い、個人のカードローンの保証人や担保は、家族や友人にも言いずらいですし気後れしてしまいますよね。

 

 

誰も喜んで引き受ける人はいないでしょう。本記事では、保証人・担保を必要としないカードローンのメリットについて解説をします。

 

 

 

 

そもそも「保証人」と「担保」ってなに?

まずは、「保証人」と「担保」について解説をします。

 

 

<保証人とは?>

民法上の保証人 保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす債務(保証債務)を負う者をいう

 

上記で大体の意味は理解出来ると思いますが、借り入れ本人が返済を滞ってしまった場合、その借り入れを保証する人のことです。

 

 

借り入れ本人に代わり、返済の義務を負うこととなります。

 

 

 

<担保とは?>

債務者が債務を果たさない場合の、債権者の損害を補うために設けられたもの

 

一般的には、家や土地など、価値のあるものが担保となります。ドラマでも家や土地を担保にした設定のシーンを観たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

返済が出来なくなってしまった場合、担保を持って債務を果たすこととなります。

 

 

個人向けカードローンは保証人なし、担保なしがほとんど

事業用カードローンは場合によって保証人や担保が必要となりますが、個人向けカードローンのほとんどは、保証人なし、担保なしで借り入れすることが可能です。

 

 

<大手カードローンの保証人、担保の必要性>

保証人 担保
SMBCモビット 必要なし 必要なし
プロミス 必要なし 必要なし
アコム 必要なし 必要なし

 

 

大手カードローンをみても、保証人と担保は必要ありません。誰にも気兼ねすることなく、自分の責任で借りることが出来るのは大きなメリットでしょう。

 

 

カードローンで借り入れをするには、保証人や担保が必要だから無理と誤解している方は安心して申し込みを行いましょう。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る