消費者金融が良くわからない方に解説、消費者金融が「怖い」「闇金?」は間違ったイメージ

消費者金融会社の解説

消費者金融と聞くとどのようなイメージが浮かびますか?大抵の人はあまり良いイメージは浮かばないのではないでしょうか

 

 

消費者金融とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のことを指します。

 

 

また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すこともあります。

 

 

消費者金融会社は、違法な高金利で貸し付ける『闇金』とはまったくの別物なので、誤解しないようにしましょう

 

 

自分の収入などの状況に応じ、身の丈にあった利用をすればきっと生活の役に立ってくれるはずです。

 

 

1970年代は、サラリーマンを顧客とする場合が多く『サラ金』(サラリーマン金融の略)と呼ばれていました。また、営業所が街中にあることが多く『街金』とも呼ばれていたそうです。

 

 

この頃のイメージが根強く、消費者金融会社のイメージはあまり良くないのではないでしょうか。

 

 

現在では、女性や自営業者などの借入れも多く、業界がイメージアップを推し進めたこともあり『消費者金融』の名称がよく使用されるようになりました

 

 

代表的な消費者金融会社は?

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)・・・SMBCグループの完全子会社。サービスブランドは旧社名である「プロミス」。

 

アイフル・・・唯一の専業大手での独立系消費者金融。

 

アコム・・・三菱東京UFJフィナンシャルグループ。マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融会社。

 

上記の3社が特に知名度があります。CMのキャッチフレーズも定番となっていますよね。

 

 

上記の3社を含む消費者金融会社は銀行よりもローンの審査が通りやすいと言われており、貸出条件も銀行に比べて緩和傾向にあります。

 

 

ただし、銀行に比べて消費者金融の方がキャッシングの利息は高い傾向があります。

 

 

当然、利息は低いほうが返済金額も低くなるので良いのですが、銀行カードローンは審査に通りにくいので、収入や状況によっては消費者金融会社のカードローンがおすすめの場合もあります。

 

 

また、消費者金融会社では無利息期間があるカードローンが多く、最大30日間利息無料、限度額内であれば180日間利息無料などを展開しています

 

 

使い方によっては、利息が高くても金利が低い銀行カードローンよりお得に借りれることもあります。

 

 

初めてカードローンを申し込む場合は誰でも最初は緊張したり、戸惑ってしまうと思います。申し込んでみると、思っていたよりも案外手続きが簡単だったり、即日で融資が出来る場合もあるので拍子抜けしてしまうこともあると思います。

 

 

ただし、少額でも借金に変わりはありません。特に、カードローンは月々の返済額も少額で設定されていることが多くあり、元本がなかなか減らないこともあります。

 

 

支払総額を計算してみると、かなり大きな額になることもあります。事前に返済の計画をシュミレーションしてから借入れをしましょう。

 

 

銀行、消費者金融会社でカードローンを作る場合のメリット、デメリットを理解して自分に合ったカードローンを検討しましょう。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス

トップへ戻る