カードローンは延滞すると信用情報に載ってしまう!絶対に延滞はしないようにしましょう!

カードローンは延滞すると信用情報機関に記載される

 

カードローンは、毎月決まった返済日に返済をしないと支払いの延滞になってしまいます

 

 

一回でも返済が遅れると、信用情報機関に延滞の情報が記載されてしまいます。

 

 

特に3か月以上の延滞をしてしまうと、信用情報に金融事故情報として記載されてしまい、将来住宅ローンや資金が必要になった際に、審査に不利となってしまいます

 

 

そもそもカードローンを利用すると、信用情報に利用している旨の記載はされます。ただし、きちっと毎月延滞がなく支払いをしていれば問題はありません。

 

 

もし、3か月以上の延滞をしてしまうと、信用情報に『異動情報』として数年間記録が残ってしまうのです。

 

 

銀行や消費者金融会社などが加盟している信用情報機関と3か月以上延滞してしまった記録が残る期間次のようになります。

 

 

信用情報機関名 3か月以上延滞の記録が残る期間
CIC 契約期間中と契約終了後の5年間
全国銀行個人信用情報センター 契約期間中と契約終了後の5年間
JICC 延滞が解消された日から1年間

 

 

3団体あるので、延滞してしまった金融機関が加盟していない団体と加盟しているところから新たな借入れをすれば影響がないように思えますが、実はこの3団体は連携しています。

 

 

情報が共有されているので、3か月以上の延滞を一度でもしてしまったら新たな借入れは難しいかもしれません

 

 

このように、カードローンの延滞をしてしまうことは、現在も将来的にも大きな信用の失墜として記録として残ってしまいます。

 

 

カードローンを利用することは、危険性があるということもしっかり理解し、返済計画を綿密に立てたうえで借入れをおこなうようにしましょう

 


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る