カードローンの基本について解説、正しい利用をしてより生活を豊かにしましょう

カードローンの正しい使い方

一般的に「カードローン」と言えば、個人向け無担保融資のことを差します。

 

 

難しい言葉ですが、会社などの法人ではなく、一般の個人を対象としたローンのことです。

 

 

無担保融資なので、融資を受ける際に担保はいりませんということです。それでは、いったん何を根拠に融資を受けられるのかといえば、物ではなくて自分自身の信用が重視されるというわけです。職業や勤続年数、年収などが特に重視されます。

 

 

この理由から、カードローンを申し込むに当たっては、職業や勤続年数、年収などの審査が必要になってくるのです。(これに対して、担保が必要な代表格が住宅ローンです。住宅という資産を担保にして融資を受けます。)

 

 

次に、カードローンの大きな特徴としては、融資を受けた資金の使い道に制限がないということが挙げられます

 

 

使い道が自由という意味で、「フリーローン」などと呼ばれたりもします。

 

 

カードローンは、買い物のために使おうが、旅行資金にしようが、基本的に資金使途は自由です。

 

 

これに対して、使い道が融資の時点で決められているのが『目的別ローン』です。例えば、自動車ローンが目的別ローンです。これは融資を受けた資金を自動車購入のためだけに使うことができる約束になっているローンです。その他にも、住宅ローン、教育ローン、リフォームローンなどがあります。

 

 

資金の使い道が自由なのか、限定されているのかという違いが、金利の違いにも表れてきます。

 

 

一般的に目的別ローンよりもカードローンの方が金利が高めに設定されているのはこのためです

 

 

カードローンに関する次の大きなポイントは、限度額内であれば何度でも借りたり返したりが可能だということです。

 

 

カードローンの融資審査を通過すると利用限度額が設定されますが、その利用限度枠内であればいつでも自由に借入れすることができます。

 

 

50万円の枠が利用限度額として設定されると、この枠内で借りることができますが、返済は毎月一定額(5000円や10000円など)で返済していきます。この一定額の返済を続けている限りは、何度でも枠内で借りることができる仕組みです。

 

 

もちろん、資金に余裕ができれば、早めに返したり、多めに返したりもできます。このような仕組みを、残高スライド定額リボルビング方式と呼んでいます。

 

 

「おまとめローン」との違いも確認しておきましょう。テレビCMや紙媒体での広告が盛んですので、言葉だけは知っているという方が多いでしょう。

 

 

これは、複数ある借り入れをひとつの金融機関の一つの商品で借り換えて返済していくといったコンセプトの商品です。カードローンとは資金使途が違う金融商品ですので注意してください。

 

 

 

どんな人が借りれるの?

資金使途が自由で、利用限度枠内であれば何度でも借入れできる便利なカードローンですが、どのような人が利用できるのでしょうか。

 

 

カードローンが担保のいらない無担保融資だということは先ほど説明した通りです。特に厳格な資格があるわけではないのですが、安定した収入のある方が融資の対象となってきます。

 

 

ただし、パートやアルバイトである程度の収入があれば、主婦や学生の方でも利用できるカードローンも多くなってきたようです。

 

 

その分、利用限度額には違いがでてきますが、カードローンを利用する人々の層は、その利用シーンの多様化とともにどんどん広がってきています。

 

 

申し込み、審査、借入れ

いざ、カードローンを利用したい!カードローンの口座を開設したいと思った場合、一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

以前は、ローン会社に直接出向いて、面と向かって担当の方の質問に答えたり、説明を受けながら申込書類を書いたり…などと少し煩わしく、なんとなく敷居が高く感じることも多かったようです。

 

 

しかし、最近は劇的に申し込みの負担が軽くなっています。WEBのみで申し込みから審査までが完結してしまうという手軽さで利用できるカードローンもあります。

 

 

また、近くのカードローン無人契約機を利用すれば、気軽に相談や融資の申し込みができます。

 

 

審査も申込み時間帯によっては最短30分と、その場で審査結果が出ることも多く、最速で数十分で借入れまでできるカードローンも多くなってきています。

 

 

このように、手続き面に関するテクノロジーは圧倒的に進化しており、利用者にかかる負担も非常に軽くなっています。

 

 

カードローンの会社って?

カードローンを展開する企業も様々な企業が参入しています。カードローンを検索したことがある人は、とても種類が多いなという感想を持っている人も多いかと思います。

 

 

このカードローンを運営している企業を種類や系列で分類すると、銀行系と信販・消費者金融系に分けることができます。

 

 

まず銀行系ですが、これはメガバンクをはじめとする都市銀行や地方銀行などが主体となってサービスを提供しているカードローンです。

 

 

よく巷で、「○○銀行カードローン」などと盛んに広告が打たれているのを目にしたことがあるかと思います。

 

 

この銀行系カードローンは、なんといっても信用度の高い銀行が運営していますから借りる側の信頼感・安心感が高いということが特徴です。

 

 

その分、審査は少し厳しめになりますが、金利は比較的低めに抑えられていることが多いです。

 

 

これに対して、信販・消費者金融系は、利用者のニーズをより柔軟にくみ取り、融通を利かせてくれるイメージかと思います。

 

 

審査は比較的フレキシブルな対応で、スピードも速いです。ただし、その分銀行系に比べれば金利は高めに設定されていることが多いです。

 

 

このように、一口にカードローンといっても、運営主体で分類することができ、その違いや特徴もあることを覚えておきましょう。

 

 

どうやって返すの?

めでたく申し込みと審査を経て融資してもらった。ここまで来たら、その後頭に置いておきたいのが、計画的に返済するということです。

 

 

まず、返済方法についてチェックしておきましょう。銀行振り込み、口座引き落とし、ATMからの返済…様々な方法がありますので、利用のカードローンの返済方法はよく覚えておかなくてはいけません。

 

 

できるだけ返済方法のバリエーションは多いほうがいいでしょう。とにかく、「返しやすさ」というのも数あるカードローンを選ぶ際に大切な要素になってきます。

 

 

特に、返済や融資に利用できるATMの種類と台数は多いにこしたことはありません。返済日が来たから返そうと思ってコンビニに寄ったけれども、そのATMでは取り扱っていないなんてことになるととても不便です。

 

 

また、返済額にも注意しましょう。多くのサービスは、返済の最低額が決まっているはずですので、期限までに必ず用意するように心がけておきましょう。

 

 

カードローンを選ぶ際のヒント

このように、カードローンといっても、その種類は様々でサービスの選択肢も広いことが理解できたと思います。

 

 

カートローンの仕組みやその特徴をよく理解したうえで、自分にあったサービスを展開しているカードローンを選びましょう。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る