カードローンを申し込む際に必要な書類と取得方法とは?

カードローンの審査に必要な書類

カードローンを申し込むにあたって必要な書類と、その取得方法について解説をします。これから申し込む人は参考にしてみてください。

 

 

事前に必要な書類を用意しておくと、その後の審査がスムーズに進み、借入れまでの時間が短縮できます

 

 

申込書とともに提出する必要書類

申込書は紙に記載して郵送する方法、またはWeb入力の方法がありますが、どちらの方法でも提出する必要書類は同じです。

 

 

紙の場合は写しを添付して提出、Webの場合は写真を撮りメール送信で提出、またはネット上でアップロードをして提出します。

 

 

@本人確認書類

運転免許証・・・変更事項がある場合は裏面も必要

 

健康保険証・・・カード型保険証の場合は裏面も必要

 

パスポート・・・顔写真および住所のページ

 

 

本人確認書類は上記が代表的な書類です。もちろん提出は写しでOK、有効期限内のものに限ります。
運転免許証がほとんどだと思いますが、免許を持っていない方は健康保険証が一般的でしょう。

 

 

A収入証明書類

源泉徴収票の写し・・・勤務先から発行される。

 

税額通知書の写し・・・自治体から発行される。

 

所得証明書の写し・・・市(区)役所、町役場で発行できる。

 

確定申告書の写し・・・自営業や給料以外に収入を一定以上得ている方。税務署の受領印が押されたもの。

 

 

これらの収入証明書類は原本ではなく写しで構いません。ただし、注意点は、確定申告書の写しは税務署の受領印が押されたものでないといけないことです。

 

 

上記の本人確認書類と収入証明書類はすぐに提出できるよう事前に準備しておきましょう。

 

 

コピーや写真を撮る際は相手が見やすいよう鮮明に撮ることもポイントです。見えずらいと再提出の連絡が入り、審査時間が長くなってしまうかもしれません。

 

 

申込み書類は正確なものを、申込時の情報入力は正確に、丁寧にが基本です。誤った情報を申請して審査に不利にならないようにしましょう。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス