年収300万円だとカードローンの利用限度額の上限はいくらになる?

年収300万円のカードローン限度額

 

本記事では、年収300万円の方がカードローンに申込んだ場合、利用限度額はいくらになるのか解説をします。これからカードローンの申込みをする方は参考にしてみましょう。

 

 

 

 

利用限度額は年収と他社ローンの借り入れ額が関係する

カードローンの利用限度額は、様々な項目が審査され決定されます。その中でも、「年収」と「他社ローンの借り入れ額」が大きく関係します。

 

 

まず、そもそもとして、カードローンは年収の3分の1までの利用限度額内となることが決められています。消費者金融会社は法律的に、銀行カードローンは法律的な縛りはありませんが自主的に設定をしている銀行がほとんどです。

 

 

この法律というのが、貸金業法の「総量規制」です。

 

 

<総量規制とは?>

総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができないことを定めた貸金業法で、2010年から施行されています。 カードローンの他にクレジットカードのキャッシングもこの規制の対象になります。

 

 

その為、年収300万円で貸金業者である消費者金融会社で借入れをする場合、利用限度額は100万円以内となります。当然、他に20万円の借入れがあるなら、80万円以内です。

 

 

<利用限度額例>

年収30万円の場合・・・上限10万円

 

年収60万円の場合・・・上限20万円

 

年収600万円の場合・・・上限200万円

 

年収900万円の場合・・・上限300万円

 

 

年収の3分の1の額は超えません。銀行カードローンも、昨今の銀行カードローンの過剰融資が問題となっており、自主的といえども厳格に審査をしています。総量規制の対象ではありませんが、年収の3分の1までという認識でいて間違いはないでしょう。

 

 

また、必ずしも年収の3分の1ぎりぎりまで利用限度額が設定されるとは限りません。年収と他社ローンの借り入れ額だけでなく、審査は多岐に渡ることを頭に入れておきましょう。

 

 

借り過ぎは注意!現状に合わせた計画的な利用をすること!

年収の3分の1までが利用限度額の上限となることを解説しましたが、借り過ぎには注意しなければいけません。個々の現在の状況に合わせて返済が可能な額を常に頭に設定しておきましょう。

 

 

「まだ利用限度額まで借りれるから」といった安易な考えて借り入れを繰り返していると、借り入れすることが日常的となり、借金という感覚がなくなる恐れがあります。

 

 

カードローンは借金です。この点を忘れずに利用しましょう。カードローンは万が一の為に備えておく生活の切り札です。

 

 

計画的な利用を心掛けましょう。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る