カードローンの契約時に発生する200円の支払いは何?

カードローンの200円の支払

 

カードローンの契約時は、200円の支払いが発生します。200円といえども馬鹿にならないですよね。

 

 

何の支払いなのかしっかりと理解した上で支払うようにしましょう。本記事ではこの200円の支払いについて解説をします。

 

 

 

 

カードローン契約時の200円の支払いは印紙代

お金を借りる時には、借り入れ額(融資額)に応じて収入印紙代を支払うことで税金を納める必要があります(公租公課の支払)。この収入印紙代はローンの種類(銀行取引約定書、手形貸付、証書貸付等)や借入金額によって異なります。

 

 

収入印紙は自分で銀行に持参するか、印紙を持っていなくても銀行が用意していますので、銀行に代金を支払うことで収入印紙を購入し使用することもできます。

 

 

 

カードローン(極度内貸付)の印紙代は200円

カードローンやキャッシングのように、「いくらまで借りることができる」という利用枠を審査の上決定し、その範囲内でお金を借りる契約を「極度内貸付」と言います。

 

 

契約を結ぶ際には、契約証書が必要となりますが、この極度貸付契約証書に貼付される収入印紙代は「200円」となります

 

 

カードローンの印紙代はいつ支払うの?

カードローンの印紙代200円の支払いは、審査の後、契約手続きの際に支払います。現金、または預金口座からの引き落としにて支払うのが基本です

 

 

フリーローン等の契約後に一括して現金を借りる場合には、融資額(借入額)から差し引かれるのが基本となります。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る