カードローンが使えない人の特徴とは?

カードローンが使えない人の特徴

 

本記事では、カードローンを使いたいけど使えない人、「審査に落ちてしまう人」の特徴を解説します。

 

 

 

 

申込みの申請情報は正確?

カードローンの申込みは正確に行いましょう。審査に通りたいあまり、収入を大きく申請してしまう人も中にはいるようです。

 

 

逆に、虚偽の申請は審査に通ることはありえません。最悪、同じグループのカードローン内では、虚偽申請をした人と記録されてしまい、まったくカードローンの審査に通らなくなってしまうこともあるでしょう

 

 

総量規制を超えた借入れがある

カードローンは、借入れ出来る金額に上限があります。特に、消費者金融会社からの借入れは、年収の3分の1までという規制があります。

 

 

例えば、年収が300万円だとしたら、借入れ出来るのは100万円までです。100万円を既に借入れしていれば、新規のカードローンに申し込んでも審査に通ることは出来ません。

 

 

既にカードローンを利用している方は、自身の年収の3分の1を計算してみましょう。

 

 

「申込みブラック」になっている

直近1か月の間に、複数社のカードローンに申し込んでいませんか?

 

 

明確な定義はありませんが、目安として、1か月の間に3社以上のカードローンへ申込んでいる場合は「申込みブラック」として受け取られる可能性があるようです。

 

 

<申込みブラックとは?>

申し込みをすると信用調査機関に登録をされます。カードローン会社では、「短期間で複数社のカードローンへ申し込みをしているからお金に困っている人」と判断されることがあります。このような状態を「申込みブラック」と呼びます。

 

 

他社ローンの返済を遅延している

他社ローンの返済を遅延している場合は、カードローンの審査には通らないでしょう。

 

 

各社では、信用情報機関への登録をしています。登録をすれば、新規申込者が他社ローンの借入れ情報を共有し、照会することが出来ます。

 

 

もし返済を遅れている場合は、遅延情報も信用情報機関へ記載されることとなり、返済が遅れていることを各社に知られてしまうこととなり、審査に不利となってしまいます。

 

 

過去に金融事故の経験がある

過去に金融事故の経験があるとカードローンの審査には通りません。

 

 

一度失ってしまった信用を取り戻すには相当な時間が必要です。一般的には「ブラックリスト」と呼ばれるものです。

 

 

ブラックリストの定義はありませんが、下記のような状況に陥った方を指します。

 

 

過去5年以内に債務整理をした(自己破産のみ10年)

 

過去5年内のクレジットカード支払い延滞が61日以上

 

過去5年内のカードローンやキャッシング返済遅延が61日以上

 

過去5年内の住宅ローンなど多目的ローンの返済遅延が61日以上

 

 

当然、この情報は信用情報機関に記載されることとなりますので、新規でカードローンに申込み審査に通ることは不可能です。


当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る