銀行カードローンと消費者金融カードローン、審査が甘いのはどっち?

銀行カードローンと消費者金融会社のカードローン(キャッシング)、どちらが審査に通りやすいのか疑問に感じている方は多いと思います。

 

 

まず、同じカードローンでも、銀行カードローンは総量規制対象外、消費者金融カードローンは総量規制対象で年収の3分の1までしか借りることが出来ません。

 

 

そう考えると、銀行カードローンの方が審査が厳しい感じがしますよね。

 

 

審査通過率が高いのはやはり消費者金融カードローン

 

新規申込者に対して、審査に通った割合を示したのが「審査通過率」です。

 

 

審査通過率は消費者金融会社はホームページのIR情報で公開しているため、調べることが出来ます。

 

 

2016年度、審査通過率が一番高かったのは消費者金融会社のアコムでした。
調べたのは、プロミス、アイフル、アコムでしたが、各社とも審査通過率は40%を超えていました。

 

 

それに比べ、銀行カードローンの審査通過率はもう少し低くなるようです。実際の数字は公開できませんが、某銀行に勤めている大学時代の同級生から得た情報です。

 

 

申込者の属性の違い(銀行カードローンは専業主婦、アルバイト、パートOKが多い、一方の消費者金融カードローンは不可が多い)や申し込み条件も、銀行と消費者金融会社によって違うので一概には言えませんが、間違いなく銀行カードローンの方が審査は厳しい(ハードルが高い)ようです。

 

 

銀行カードローンは、消費者金融に比べ金利を低く設定している会社が多いです。ただし、一昔前に比べたら消費者金融もかなり金利が低くなっています。

 

 

銀行カードローンの方が若干金利が低いというだけで、大きな金利差はなくなってきました。

 

 

でも、銀行という安心感と、少しでも金利が安いという点を重視すると銀行カードローンにしたいですよね。

 

 

ただし、審査基準が高いので、審査に通るか心配な方は消費者金融会社も検討した方がよいでしょう。銀行カードローンにはない「無利息期間」など、消費者金融会社ならではのサービスもあります。

 

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス