カードローンは約定返済額以下の返済だと利用停止をくらう?

カードローンは、利用額に応じて毎月の約定返済額が決まっています。例えばモビットの利用限度額における約定返済額は以下のとおりです。

 

 

【SMBCモビットの返済額】

最終借入後残高

返済額

10万円以下

4,000円

10万円超過、20万円以下

8,000円

20万円超過、30万円以下

11,000円

30万円超過、40万円以下

11,000円

40万円超過、50万円以下

13,000円

50万円超過、60万円以下

16,000円

60万円超過、70万円以下

18,000円

70万円超過、80万円以下

21,000円

80万円超過、90万円以下

24,000円

90万円超過、100万円以下

26,000円

※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合です。
※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

 

 

利用額が大きくなればなるほど返済額も大きくなっていきます。

 

 

もし、15万円の利用で8000円を返済いないといけないけど、返済が5000円しかできない場合はどうなるのでしょうか。

 

 

管理人の経験から言うと、約定返済額以下でも利息額だけ返済すれば返済になるカードローンと、約定返済額以上しかATMで受け付けてくれないカードローンがあります。

 

 

カードローン会社それぞれで違いがあるようです。ちなみに、一定期間利息だけの返済を続けていたら、利用が制限された経験がありました。

 

 

ある日、利用限度枠以内なのに出金ができなくて問い合わせたところ、約定返済額とおりに返済が行われていなかったからと回答されたことがあります。

 

 

一方で、何年も約定返済額以下の返済でも利用が出来ているカードローンがあります。各社によってかなり違いがあるようですね。

 

 

ただし、約定返済額以下で返済を続けることはおすすめできません。それは元本が減らないからです。

 

 

当然、利息の総支払額は大きくなりますし、いつまで経っても完済できない状態になります。

 

 

カードローンは「最低でも約定返済額の返済」、出来ればそれ以上の返済をして早めに返すという意識を持つことが大切です。

 

 

少しでも余裕があるときは返済をして利息を減らしましょう。

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス