各社カードローンの審査通過率?審査が通りやすいカードローン会社

各社カードローンの「審査通過率」を紹介します。掲載したデータは、2017/2/22現在、各社IRで公開されているデータを集計したものです。

 

 

実際のデータになるので、どのカードローンが審査に通りやすいのかひとつの指標になるデータです。

 

 

もちろん、顧客層の違いがあると思いますが、参考になると思います。

 

 

ちなみに、審査通過率とは、新規申し込みした内、審査に通過したパーセンテージです。当然、この審査通過率が高い方が審査に通る割合が高いということになります。

 

 

アコムの審査通過率

アコムの直近で公開されているデータは2016年度第三四半期の審査通過率でした。

 

 


※アコム「データブック」より

 

 

小さくて見ずらいかもしれませんが、直近の第三四半期の審査通過率は、48.5%でした。ちなみに第一四半期は48.0%、第二四半期は48.3%です。

 

 

これはかなり高い審査通過率です。 新規申込者の約半数近くの方が審査に通過しているということです。

 

 

アコム以外のカードローンの審査に通らなかった方は、審査通過率が高いアイフルに申し込んでみるとよいかもしれませんね。

 

 

アイフルの審査通過率

アイフルの直近で公開されているデータは2015年度4月〜3月の審査通過率でした。

 

 


※アイフル「企業・IR情報」より

 

 

2015年度の審査通過率は46.5%です。アコムと同様に、非常に高い審査通過率を記録しています。

 

 

新規申込者の半数近くが審査を通過しているのですね。

 

 

アイフル

 

 

プロミスの審査通過率

プロミスの直近で公開されているデータは、アイフルと同じく2015年度4月〜3月の審査通過率でした。

 

 


※プロミス「月次データ」より

 

 

アコム、アイフルに次いで通期で43.4%の審査通過率でした。

 

 

 

 

審査通過率は、アコム>アイフル>プロミスという結果でした。
ほぼ同じ数値と言えますが、アコムとプロミスで約5%の違いがあるということがわかります。

 

 

この結果が「審査が甘い」というわけでは決してありませんが、審査に通過するか不安な方はどのカードローンに申し込むかの指標になると思います。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス