カードローンの利用限度額の増枠が出来る条件とは?

カードローンは契約時の利用限度額から増枠できる場合があります。

 

 

定期的に使っていると、もう少し利用限度が高かったらもっと便利なのにと思っている方も多いでしょう。

 

 

そんなときは、利用限度額の増枠の申込みを検討してみましょう。

 

 

この記事では、カードローンの利用限度額の増枠審査に通りやすい条件を解説します。ただし、個々の銀行や消費者金融によって増枠審査の内容に違いはありますので、以下の条件をクリアしているから必ず審査に通るわけではありませんので注意してください。

 

 

審査にクリアするための最低条件だと思ってください。当てはまらない場合は、逆に利用限度額を減額されてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

 

 

@直近6カ月以内の返済に遅れがないこと

 

返済に遅れがないことは絶対条件ですね。直近6カ月と書きましたが、銀行や消費者金融会社によって、基準は違うようです。

 

 

やはり、借りる側の役務は「返済」です。きちんと期日通りに返済をすることで信用が積みあがっていきます。

 

 

また、他社カードローンやクレジットカードの返済状況も重要です。返済の遅れは信用情報機関に登録されるので、カードローン会社は他社の返済遅れも把握することができます。

 

 

返済がきちんとされていることが、増枠審査に通るための絶対条件のひとつです。

 

 

A年収が下がっていないこと

 

契約時の年収から下がっていると、増枠審査に通過することは難しくなるでしょう。

 

 

契約時から年収が同じであれば、返済実績が考慮され増枠審査に通る可能性も無くはありません。

 

 

逆に年収が上がっていれば増枠審査に通る可能性は高くなると言えます。

 

 

B勤務年数が長いこと

 

銀行、消費者金融会社は「勤務歴」を重要視します。やはり、安定した収入を重要視するため、頻繁に転職を繰り返しているよりもひとつの会社で勤務実績を積むほうが信頼は高くなります。

 

 

転職をして間もない、年収も下がっている場合は、最悪利用限度額が減額されるかもしれません。

 

 

もし転職をしたならば、せめて1年以上は勤務実績を積んでから増枠の申込みをした方が良いかもしれません。

 

 

C総量規制に触れていないこと

 

消費者金融などからの借入れの場合、総量規制によって年収の3分の1までしか借入れができません。

 

 

もし、総量規制に触れてしまうのであれば増枠審査に申し込んでも、審査は通らないでしょう。今自分がいくら借入れているか計算してみてください。

 

 

計算せずに申し込んだら、総量規制に触れていて駄目だったということは避けたいです。

 

 

何故なら、カードローンの申し込みした情報は、信用情報機関に登録されるからです。

 

 

将来的にカードローン以外の借入れを考えている場合、増枠申し込みをした情報が足枷になってしまう可能性も無くはありません。しっかりと計算して大丈夫だった場合のみ申し込みましょう。

 

 

D資金使途は明確か

 

カードローン会社から増枠の案内が来たときは、資金使途を聞かれることは多くありません。

 

 

ただし、利用者側から増枠の申し込みをする場合、資金使途は必ず審査の前に聞かれます。

 

 

しっかりとした資金使途を話せば問題はないのですが、ギャンブルや投資は避けるべきです(当然ですが・・)

 

 

 

以上、カードローンの増枠審査に通るための絶対条件を5点解説しました。各社によって審査の違いがありますので、上記を全てクリアしたら必ず審査に通るわけではありません。

 

 

また、増枠するということは、借金が増えるということです。くれぐれも「本当に必要かどうか」慎重に判断した上で申し込みをしましょう。

 

 

カードローン利用限度額の増枠のメリット

 

利用限度額の増枠にはメリットもあります。

 

 

それは、利用限度額を増枠したことによって、適用金利が下がる場合があるということです。

 

 

金利は利用限度額によって決まるカードローンがほとんどですので、例え増枠した分を利用しなくても金利が下がります。

 

 

カードローンは自由度が高いことと引き換えに、他の目的別ローンに比べ金利が高く設定されています。

 

 

増枠することによって金利が少しでも下がれば嬉しいですよね。

 

 

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件
※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」

プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。

アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。
トップへ戻る