カードローンはいくらまで借りれるの?ポイントは年収と他社ローンの残高

カードローンはいくらまで借りれるの?

 

本記事では、カードローンはいくらまで借りられるかを解説します。総量規制が大きく関係しますので、総量規制についてもわかりやすく解説していきます。

 

 

 

 

カードローンには総量規制が適用される

総量規制とは、貸金業法で定められている借入れ制限の仕組みです

 

 

<総量規制>

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み

 

 

ただし、一部除外または例外となる借入れもあります。

 

 

「銀行系カードローン」「クレジットカードのショッピング枠」「おまとめ・借り換えローン」は総量規制の対象外となります

 

 

消費者金融会社(貸金業者)を利用する場合に、キャッシングできる金額は年収の3分の1までとなります

 

 

総量規制に該当する、大手の消費者金融会社は以下の通りです。

 

 

・SMBCモビット

 

・プロミス

 

・アイフル

 

・アコム

 

 

そもそも総量規制の目的は?

総量規制は、2010年6月18日に制定されました。目的は「多重債務者問題」を解決する為です。

 

 

返済能力以上の借入れによって生活が苦しくなり、自殺者が出るなど、多重債務者問題は大きな社会問題となっていました。

 

 

そこで多重債務者を抑制する為に、無理な借入れが出来ないよう総量規制が制定されたのです。

 

 

制定後は、多重債務者の抑制につながりましたが、昨今では急激に増えており、総量規制の対象外であった銀行系カードローンの過剰融資が問題とされています。

 

 

多くの銀行が自主的に借入れ制限を設定し始めています。

 

 

結局自分はいくらまで借入れ出来るの?

自分が今いくらまで借入れ出来るのかを計算してみましょう。

 

 

消費者金融会社や信販会社、クレジット会社等の貸金業者のカードローンまたはキャッシングの合計を算出します

 

 

この合計額(借入残高)が年収の3分の1を超えていると、新規の貸付けを受けることは出来ません

 

 

【例1:年収300万円】

消費者金融会社Aのカードローン 借入残高50万円

 

消費者金融会社Bのカードローン 借入残高50万円

 

→借入れは総量規制により100万円まで。総量規制対象のカードローンは新規借入れ不可

 

 

【例2:年収210万円】

消費者金融会社Aのカードローン 借入残高50万円

 

→借入れは総量規制により70万円まで。総量規制対象のカードローンは最大20万円まで新規借入れ可能

 

 

もし超えている場合は、総量規制の対象外である銀行系カードローンに申込みを検討しましょう。

 

 

ただし、樹種的に年収制限を設けている銀行もありますので、必ずしも借りられるわけではありませんので注意しましょう

 

 

<人気の銀行系カードローン>

 

千葉銀行カードローン

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

当サイト掲載のカードローンについて

アイフル、レディースアイフル
※既にアイフルをご契約中の方は、ご利用いただけません。 ※フリーター、主婦も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) ※当日融資は、21時45分までに無人契約機(てまいらず)に入店することが条件 ※利用可能コンビニは「E-net設置店のみ」「イオン銀行ATM設置店のみ」
プロミス、プロミスレディース
※主婦、学生も申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。 ※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※WEB契約で即日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アコム
※フリーター、主婦、パート、アルバイトも申込み可能ですが、安定した収入がある方に限ります。

プロミス